シンボルマーク
介護予防のための生活機能チェック
キーワード検索
Google
長寿 医療 介護 お手軽アクセス トピックス リンク集 サイトマップ
健康長寿ネット > 医療 > 認知症疾患 > 脳血管性認知症【脳梗塞や脳出血によって起こる認知症、症状と治療】
脳血管性認知症【脳梗塞や脳出血によって起こる認知症、症状と治療】
脳梗塞や脳出血によって起こる認知症です

〇脳血管性認知症とは

 脳血管性認知症とは、脳の血管障害、脳梗塞や脳出血によって起こる認知症を意味します。
 脳血管性認知症の主な症状は、日常生活に支障を来たすような記憶障害とその他の認知機能障害(言葉、動作、認知、ものごとを計画立てて行う能力などの障害)で他の認知症を来たす疾患(アルツハイマー病(リンク1参照)など)と大きな違いはありません。
 

○脳血管性認知症の症状の特徴

 しかし、脳血管性認知症の症状にはいくつかの特徴があります。
 まず第一に、症状が突然出現したり、階段状に悪化したり、変動したりすることがしばしばみられることです。
 また、脳血管障害に罹患(りかん:病気にかかること)した経験があったり、高血圧、糖尿病、心疾患など脳血管障害の危険因子を持っていることが多いことも特徴です。
 更に、歩行障害、手足の麻痺、呂律が回りにくい、パーキンソン症状、転びやすい、排尿障害(頻尿、尿失禁など)、抑うつ、感情失禁(感情をコントロールできず、ちょっとしたことで泣いたり、怒ったりする)、夜間せん妄(夜になると意識レベルが低下して別人のような言動をする)などの症状が早期からみられることもしばしばあります。

○脳血管性認知症の検査

 頭部CTやMRIを行うと、大きな梗塞がある場合、小さな脳梗塞がたくさんある場合、大脳白質に広範な虚血性変化のある場合、脳の中の特に認知機能に重要な役割を持つ部分(前頭葉、側頭葉、後頭葉、視床、海馬など)に梗塞がある場合などがあります。
 また、脳梗塞にはなっていなくても脳血管の狭窄(きょうさく:すぼまって狭いこと)や閉塞により脳への血流が低下していることが原因で認知症を起こしている場合もあり、脳の血管を調べるMR angiographyや脳血管造影、脳の血流を調べる脳血流シンチグラフィーが有効な場合もあります。
リンク1 「アルツハイマー病」

○脳血管性認知症の治療と予防

 脳血管性認知症の記憶障害やその他の認知機能障害を改善させる確実な方法は現在ないため、脳血管障害の再発予防と認知症の症状への対症療法が治療の中心となります。脳血管性認知症は脳血管障害を再発することで悪化していくことが多いため、再発予防が特に重要となります。
 脳血管障害の危険因子である高血圧、糖尿病、心疾患などを適切にコントロールするとともに、脳梗塞の再発予防のための薬剤が使われることが多くあります。
 また、意欲・自発性の低下、興奮といった症状に対して脳循環代謝改善剤が有効な場合もあります(リンク2参照)。
 脳血管性認知症に多い抑うつに対して抗うつ剤が使用されることもあります。
 また、リハビリテーションやレクリエーションといった非薬物療法が認知症の症状や生活の質の改善に有効な場合もあります(リンク3参照)。
リンク2 「認知症の薬物療法」
リンク3 「認知症に対する非薬物的療法」
認知症の種類 アルツハイマー病
長寿科学振興財団のホームページへ 国立長寿医療センターのホームページへ
公益財団法人長寿科学振興財団
Copyright © 2006 All rights reserved.