シンボルマーク
介護予防のための生活機能チェック
キーワード検索
Google
長寿 医療 介護 お手軽アクセス トピックス リンク集 サイトマップ
健康長寿ネット > 医療 > 認知症疾患 > レビー小体型認知症【原因、症状、治療】
レビー小体型認知症【原因、症状、治療】
老年期に認知症を呈する病気の一つで
男性は女性の約2倍

〇レビ―小体型認知症とは

 レビー小体型認知症とは老年期に認知症(Dementia)を呈する病気の一つで、変性性(脳の神経細胞が原因不明に減少する病態)の認知症では、アルツハイマー型認知症についで多い病気です。男性は女性より約2倍多いと言われます。
 レビー小体(Lewy Body)とは、元々は運動障害を主な症状とするパーキンソン病(リンク1参照)の脳の中の中脳と言われる部分にたまった異常な構造物をさす言葉ですが、レビー小体型認知症の患者さんの脳では、これが認知機能を司る大脳皮質にも広く見られることから命名されました。

リンク1 「パーキンソン病」

○レビー小体型認知症の症状

(1) 認知障害と精神症状
 レビー小体型認知症の認知機能障害は、アルツハイマー型認知症(リンク2参照)とは少し異なる面が見られます。
 アルツハイマー型認知症の患者さんでは特に初期では比較的近い時期の記憶をとどめておく事が難しくなる物忘れの症状で始まる事が多いのですが、レビー小体型認知症の患者さんでは、こればかりではなく、初期より幻覚、特に幻視が現れることがしばしばです。
 幻視とは、実際には存在していないものがあるものとして生々しく見える症状で、“壁に虫が這っている”、“子供が枕元に座っている”などが比較的よくみられます。 “ふとんが人の姿にみえる”といった錯視の症状もしばしばみられます。これらの視覚性の認知障害は暗くなると現れやすくなります。
 また、気分や態度の変動が大きく、一見全く穏やかな状態から無気力状態、興奮、錯乱といった症状を一日の中でも繰り返したり、日中に惰眠をむさぼったりすることも経験されます。

(2) 運動機能障害
  もう一つの大きな特徴は、パーキンソン病に似た歩行の障害や体の固さを伴う点です。このためレビー小体型認知症の患者さんではアルツハイマー型認知症の患者さんと比べて転倒の危険が高く、また、寝たきりにもなりやすいといえます。

(3) 自律神経障害
 3番目の特徴は自律神経の障害を伴う点です。このため、便秘や尿失禁が目立つのですが、日常生活を阻害する因子としては起立性低血圧など血圧の調節障害が見られる事です。
 起立性低血圧は、立ち上がった時に血圧の大幅な低下がみられる症状で、ひどい場合には失神を起こす場合があり、これが原因で立位歩行が困難な程度になる場合もあります。
リンク2 「アルツハイマー病」

○レビ―小体型認知症の治療

 レビー小体型認知症の治療は抗精神薬による精神症状のコントロールと運動症状に対する抗パーキンソン病薬、自律神経障害に対しての血圧コントロールなどになります。
 レビー小体型認知症の患者さんでは抗精神薬への反応が過敏である事があり、少量より時間をかけて試みる事が必要です。
 また、向精神薬は運動症状を悪化させる作用があるものが多く、逆に抗パーキンソン病薬は精神症状を増悪させる事があるため、薬剤調節は難しい場合もあり、個々の患者さんの生活や介護がしやすいように薬をうまく考える必要があります。アルツハイマー型認知症の治療薬が効果的な場合もあり、試みられることもあります。
ピック病 運動ニューロン疾患を伴う認知症
長寿科学振興財団のホームページへ 国立長寿医療センターのホームページへ
公益財団法人長寿科学振興財団
Copyright © 2006 All rights reserved.