シンボルマーク
介護予防のための生活機能チェック
キーワード検索
Google
長寿 医療 介護 お手軽アクセス トピックス リンク集 サイトマップ
健康長寿ネット > 医療 > 認知症疾患 > 前頭側頭型認知症【原因、症状、介護】
前頭側頭型認知症【原因、症状、介護】
前頭葉や側頭葉前方の萎縮が目立つ認知症です

〇前頭側頭型認知症とは

 認知症を来たす代表的な原因疾患として脳血管障害による認知症と神経変性による認知症があります。
 神経変性とは神経細胞が徐々に減ってきて脳が萎縮し様々な神経や精神の障害を来たす状態のことを言います。アルツハイマー病では主に側頭葉内側や頭頂葉の萎縮が目立つのに対し、前頭葉や側頭葉前方の萎縮が目立ち、以下の様な特徴的な症状を示す疾患群を前頭側頭型認知症と言います。

○前頭側頭型認知症の症状
 前頭側頭型認知症にはピック病(リンク1参照)と呼ばれるものや筋力低下、筋萎縮、嚥下(えんげ:飲み下すこと)や呂律の障害といった筋萎縮性側索硬化症(リンク2参照)の症状を伴うものも含まれます。
 前頭側頭型認知症はほとんどが65歳以下で発症し、性格変化と社交性の消失が初期からみられ、アルツハイマー病(リンク3参照)で初期からみられるような記憶障害は目立ちません。

【特徴的な症状として・・・】
・自分や社会に対する関心が低下し、身だしなみに頓着しなくなったり、万引きのような軽犯罪を引き起こすことがあります。
・抑制が欠如し、遠慮が無くなったり、暴力行為やふざけ、落ち着きのなさがみられることもあります。
・いつも同じ道順を歩き続けたり(アルツハイマー病でみられる徘徊とは異なり迷子になることはほとんどありません)、いつも同じような動作をしたり、同じものを食べ続ける、といった常同的行為と呼ばれるものがみられることもしばしばあります。
・感情面では自発性がなくなり、感情が鈍麻(どんま:感覚がにぶくなること)することが多く、他人に共感することや感情移入ができなくなってきます。
・何かに関するこだわりが異常に強くなり、柔軟な対応ができず、他人の迷惑なども省みずに好き勝手に行動しているように見えることもあります。
・興奮がみられたり、多幸的になる場合もあります。
・自発的な発語は減少し、いつも同じことを言い続けるといった言語の症状をみることもしばしばあります。

これらの症状はゆっくりと進行していき、最終的には寝たきり状態になります。
(注意)個人差がありますので必ずしも上記のような症状がでるとは限りませんが、もしこのような症状が続くようなら、早めに精神科や神経内科等専門医を受診することをお勧めします。

リンク1 「ピック病」
リンク2 「筋萎縮性側索硬化症」
リンク3 「アルツハイマー病」

○前頭側頭型認知症の介護
 
検査ではCTやMRIで前頭葉や側頭葉前部の萎縮を認めたり、脳血流シンチグラフィーやPETで前頭葉や側頭葉前部の血流や代謝の低下を認めることが特徴的です。
 現在のところ症状を改善したり、進行を防いだりする有効な治療法はありません。働き盛りの年代で発症することが多いこと、患者さんの病識(自分が病気だという自覚)がないこと、上に述べたようなこの疾患の特徴的な症状などのために、この疾患を持つ患者さんを介護することは非常に大きな負担を伴います。専門医や福祉サービス、家族会などとも連携して対処していく必要があります(リンク4参照)

リンク4 「介護保険」
アルツハイマー病 若年認知症
長寿科学振興財団のホームページへ 国立長寿医療センターのホームページへ
公益財団法人長寿科学振興財団
Copyright © 2006 All rights reserved.