シンボルマーク
介護予防のための生活機能チェック
キーワード検索
Google
長寿 医療 介護 お手軽アクセス トピックス リンク集 サイトマップ
健康長寿ネット > 長寿 > 疾病と運動 > 運動と貧血
運動と貧血
貧血とは赤血球の減少や酸素運搬能力が
低下することをいいます

 酸素は生命の維持になくてはならないものです。この酸素を全身に運搬しているのが血液中の赤血球です。赤血球の主な働きは、赤血球の中のヘモグロビン(以下Hb)という赤い色素が肺から酸素を受けとり、体内の組織に酸素を運搬し、組織の機能を維持することです。
 貧血(リンク1参照)とは赤血球の数が減少したり、赤血球の酸素を運搬する能力が低下したりすることをいいます。
リンク1 「貧血」
○貧血による症状
 軽度の貧血(Hbが正常の70%程度)では必ずしも症状はあらわれません。一般的には、顔色が悪く、まぶたの裏が白くなったり口の中全体の赤みが減ったりします。慢性の貧血は、徐々に進行するため自覚症状のない場合もあります。
 Hbが正常の60%以下になると、体内の酸素を補うために多くの血液を送らなければならず、心拍数が増加したり、少しの運動をしても息が切れたりします。
 Hbが正常の40%以下になると、頭痛や、めまい、耳鳴り、集中力の低下、不眠といった症状が出てきます。また、身体のすみずみまで酸素が行き渡らないため、疲れやすくなったり手や足が冷えたりします。
 さらに、Hbが正常の30%以下になると、食欲がなくなる、吐き気やむかつきなどの症状があらわれます。
 ただし、ここにあげた貧血の程度と症状はあくまでも目安であり、年齢や性別、貧血の原因や健康状態などにより個人差があります。
○貧血の原因には次のようなことがあります。
1 鉄分の不足
 偏った食事や無理なダイエットによって鉄分(リンク2参照)が不足し、貧血になりやすくなります。
2 造血機能の低下
 骨髄に病気があると、造血機能が低下し貧血が起きます。
3 体内での出血
 胃・十二指腸潰瘍、出血性胃炎、胃がん、大腸がんを原因とする消化管からの出血、子宮筋腫からの出血によって貧血になることがあります。
4 運動性貧血
 強度の高いトレーニングを続けていると貧血を起こしやすくなります。原因として筋肉内での鉄需要の増加、発汗による鉄の喪失、足底部にかかる強い衝撃による赤血球の破壊などがあげられます。運動習慣のない人が急に激しい運動をした時や、陸上の長距離選手がトレーニングを続けていて、この状態になることがあります。
リンク2 「ミネラル:鉄」
○貧血は全身持久力への影響や心臓への負担が大きい
 運動選手が貧血の治療をすると、競技成績が非常に改善したという例もあるように、全身持久力 (リンク3参照)に対して大きな影響があります。さらに、貧血が重度の場合、心臓への負担が大きい状態が続き、心不全の危険が高くなります。
 また、たとえ検査データが基準値範囲内にあっても、前年の自分のデータと比べて急激にHb値が下がっている場合は、原因となるような病気が潜んでいる可能性があります。再度血液検査を受けるとともに、必要に応じて精密検査を受けましょう。
リンク3 「全身持久性体力」
○貧血予防のポイント
 貧血予防のポイントとしては以下のことがあげられます。
1 一日三食しっかりバランスのよい食事を摂り、鉄分を多く含む食品を積極的に摂りましょう。
2 睡眠時間を十分とり、規則正しい生活を心がけましょう。
3 適度な運動をしましょう。運動には内臓機能を回復させて鉄分の吸収を高め、赤血球の生産を活発にする作用があります。
運動と骨粗鬆症 栄養と疾病
長寿科学振興財団のホームページへ 国立長寿医療センターのホームページへ
公益財団法人長寿科学振興財団
Copyright © 2006 All rights reserved.