シンボルマーク
介護予防のための生活機能チェック
キーワード検索
Google
長寿 医療 介護 お手軽アクセス トピックス リンク集 サイトマップ
健康長寿ネット > 介護 > 施設サービス > 特別養護老人ホーム(指定介護老人福祉施設)
特別養護老人ホーム(指定介護老人福祉施設)
【イラスト】【左右反転】老人ホーム○特別養護老人ホームと入所サービス
 特別養護老人ホーム(「介護老人福祉施設」)は、介護保険の給付対象となる施設の一つで、「要介護者に対し、入浴、排せつ、食事等の介護等の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理、看護を行うこと」を目的として、入所している要介護者に対してさまざまなサービスが提供されます。  
 居室定員は原則として4人以下ですが、最近では、居宅に近い居住環境で日常生活を営めるようにユニットケアを提供できる施設も開設されるようになってきました。
○ショートスティ・デイサービス
 特別養護老人ホームでは、このような入所して利用できるサービスに加えて、一時的に入所して、その間に要介護者のお世話をしている家族の方が休みを取ることができる短期入所(ショートステイ)や日帰りで利用する通所介護(デイサービス)といった介護保険の給付対象となるサービスが利用できます。
リンク1 「短期入所療養介護(ショートステイ)」
リンク2 「通所介護(デイサービス)」
○費用負担
 これらのサービスを利用する場合、費用の9割は介護保険から給付されますが、利用者は、残りの1割(要介護度に応じて異なります)を負担するほか、保険給付の対象となっていない居住費、食費、日常生活費を負担します。
 居住費は4人部屋かユニットケア個室かなど、居住環境に応じて施設が設定しています。
 低所得者の方の利用を妨げないために、世帯の所得に応じて居住費、食費を減額するための制度が設けられています。
 職員としては医師が1人以上いますが、非常勤の医師の場合が多く、夜は配置されないこともあります。看護師は入所者数が80〜100人である施設では3人以上いることとされています。
老人保健施設(介護老人保健施設) 有料老人ホーム
長寿科学振興財団のホームページへ 国立長寿医療センターのホームページへ
公益財団法人長寿科学振興財団
Copyright © 2006 All rights reserved.