シンボルマーク
介護予防のための生活機能チェック
キーワード検索
Google
長寿 医療 介護 お手軽アクセス トピックス リンク集 サイトマップ
健康長寿ネット > 介護 > 介護保険 > 障害高齢者の日常生活自立度
障害高齢者の日常生活自立度
【イラスト】【左右反転】看護師(女性)

〇障害高齢者の日常生活自立度とは

 障害高齢者の日常生活自立度(「寝たきり度」とも言われることがあります)とは、高齢者の日常生活自立度の程度を表すものです。

〇日常生活自立度判定基準

介護保険制度の要介護認定では認定調査(リンク1参照)や主治医意見書(リンク2参照)でこの指標が用いられており、要介護認定における、コンピュータによる一次判定や介護認定審査会における審査判定の際の参考として利用されています。その記入に当たっては以下の判断基準を用いています。(表1)

表1 障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準

生活自立

ランク
J

何らかの障害等を有するが、日常生活はほぼ自立しており独力で外出する

  1. 交通機関等を利用して外出する
  2. 隣近所なら外出する

 準寝たきり

ランク
A

屋内での生活はおおむね自立しているが、介助なしには外出しない

  1. 介助により外出し、日中はほとんどベットから離れて生活する
  2. 外出の頻度が少なく、日中も寝たり起きたりの生活をしている

 寝たきり

 

ランク
B

屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベット上での生活が主体であるが、座位を保つ

  1. 車いすに移乗し、食事、排泄はベットから離れて行う
  2. 介助により車いすに移乗する

 ランク
C

1日中ベット上で過ごし、排泄、食事、着替において介助を要する

  1. 自力で寝返りをうつ
  2. 自力では寝返りもうたない

 (平成3年11月18日 老健第102-2号 厚生省大臣官房老人保健福祉部長通知を改訂)

リンク1 「認定調査」
リンク2 「主治医意見書」
主治医意見書 認知症高齢者の日常生活自立度
長寿科学振興財団のホームページへ 国立長寿医療センターのホームページへ
公益財団法人長寿科学振興財団
Copyright © 2006 All rights reserved.