シンボルマーク
文字が読みづらい方 介護予防のための生活機能チェック
キーワード検索
Google
長寿 医療 介護 お手軽アクセス トピックス リンク集 サイトマップ
健康長寿ネット > 医療 > 看護 > 経管栄養法の手順 【食事が口から取れなくなったときの栄養補給方法】
経管栄養法の手順 【食事が口から取れなくなったときの栄養補給方法】
食事が取れなくなったとき鼻や腹部から胃に
チューブを入れ栄養補給を行う方法です
必要物品
 経管栄養法(けいかんえいようほう)とは、食事が口から取れなくなったとき鼻からか、または腹部の皮膚から直接、胃にチューブを入れ栄養補給を行う方法です。
 鼻からチューブを入れて行う方法を「経鼻(けいび)栄養法」といい、直接腹部の皮膚と胃に穴を開けてチューブを入れて行う方法を「胃ろう栄養法」と言います。
 胃ろうは、いわばお腹にある「第二のお口」です。長期間にわたる栄養補給には「胃ろう」を用いる方法が最適とされています。

○胃ろう栄養法
 胃ろうから栄養剤を注入する「胃ろう栄養法」でのやり方をご説明します。

1.準備するものは、計量カップ(1)・小さい容器(薬を溶かすために使用します)(2)・栄養剤(3)・イルリガートル(栄養剤を入れる容器)(4)・注射器(5)・内服薬(1回分)・酢水5ml(水10:酢1の割合)(※注1)以上を準備します。

(※注1)酢水を用いない場合もあり、現在かかりつけの医療機関での指示に従ってください。
栄養剤の注入
2.次に、イルリガートルに栄養剤をいれます。
この時クレンメを閉めて行います。クレンメとは、チューブに付いている栄養剤の速度調節する滑車のネジです。(写真)

チューブの確認(胃チューブに注射器を接続し胃の内容物を引く)
3.それでは、チューブをつなぎます。
 次の手順で行います。
 チューブが曲がっていないか、抜けていないかを観察します。次に、胃チューブの先端に注射器をつなぎ、注射器を引き、胃の内容物がないか確認します。胃ろうチューブとイルリガートルを接続します(写真)。

4.チューブの接続が終わったらクレンメを開き、注入を開始します。注入の速度の目安は、1時間に400ml程度(10秒間に20滴)(※注2)に合わせ行います。注入している間は、その都度落ちているかを確認し滴下を調節します。

(※注2)注入の速度は個人によって異なります。あくまで一例であり、具体的な速度はかかりつけの医療機関でお問合せください。
内服薬の注入方法
消毒方法
5.注入が終わったら、クレンメを閉めチューブとイルリガートルの接続を外します。内服薬を小さい容器に入れ白湯で溶き注射器で注入します。白湯の注入は、医師の指示があれば指示量、ない場合20〜30mlの白湯を注入します。
 その後、酢水を小さい注入口に充填します(酢水は次の注入まで充填します)。注入が終わったら、使用した物品を水洗いします。洗い終わったら、よく水切りし自然乾燥させておきます。1日1回細菌が繁殖しないように消毒液につけます(写真)。
 1時間つけておき、その後よく水洗いし乾燥させます。(消毒薬の作り方―キッチンハイターの場合、水1000mlに対して5ccに薄める。ミルトンの場合―水1000ml対して10ccで薄めます)
6.胃ろうのお手入れを毎日しっかりと行います。特に、栄養剤の注入を続けていると胃ろうの周りは汚れやすくなります。汚れは様々な感染の原因となりますので清潔を保つ事が必要となります。
 まず、ガーゼなどに微温湯をしみこませ胃ろうの周囲を拭きます。その時、胃ろうの周囲の皮膚を観察します。
 ただれ、かぶれ、出血、できもの、痛み、変な汁が出るなどがあったら、医師や医療スタッフに報告相談してください。

7.栄養剤を注入している時以下のことがあったら早めに対応してください。
 吐き気や吐いてしまった場合、注入を止めて、様子をみます。吐き気などが治まったら注入を始めますが速度はゆっくりとしてください。症状が治まらない時は、かかりつけ医に相談してください。
 次に便が出た日は、必ずカレンダーにその状態等を記入しておきます。下痢の場合は、栄養剤の注入速度と温度に注意します。栄養剤は常温が適切です。
  栄養剤が入っていかない、スムーズに入らない場合は、チューブの閉塞が考えられます。
 対応として、クレンメを開き、栄養剤が落ちるかどうか確認します。次に、クレンメを閉めイルリガートルをはずし、胃ろうチューブにお湯20mlを注射器で注入します。それでも栄養剤が入らない時は、かかりつけ医に相談してください。
くすりと高齢者 介助者による体位変換
長寿科学振興財団のホームページへ 国立長寿医療センターのホームページへ
公益財団法人長寿科学振興財団
Copyright © 2006 All rights reserved.