長寿科学研究に関する情報を提供し、明るく活力ある長寿社会の実現に貢献します。

エイジングアンドヘルス バックナンバー No.66

長寿科学研究に関する情報を提供し、研究の推進及び知識の啓発、普及を図るため「機関誌(Aging & Health)」 を毎年定期的に刊行し、関係各機関に無償配布しています。なお、ご寄付を頂いた方々にも1年間(4冊)お送りいたしております。

No.66 2013年 夏号

エイジングアンドヘルスNo.66 2013年 夏号表紙

最新研究情報

  • 大豆・大豆製品、野菜、海藻、牛乳・乳製品の摂取が多く、米の摂取が少ない食事パターンは認知症発症を抑制する
  • ビタミンや抗酸化剤に 心血管イベントの抑制効果はない
  • オートファジー遺伝子WDR45の変異が神経変性を導く
  • 長生きのニューロン
  • 長寿への共生か?ミトコンドリアと核のアンバランスが長寿へ導く
  • Wiiを用いた在宅でのパーキンソン病(PD)患者経過評価

巻頭言

高齢者と内なる世界の豊かさ

上智大学
教授 島薗 進

対談

生き生きとした心豊かな長寿社会の構築をめざして

人口構成の変化から高齢者区分の見直しへ
  • 国立社会保障・人口問題研究所
    所長 西村 周三
  • 公益財団法人長寿科学振興財団
    理事長 祖父江 逸郎

特集:高齢者のエンド・オブ・ライフ・ケア

高齢者の終末期の特徴と現状

国立障害者リハビリテーションセンター自立支援
局長 飯島 節

高齢者の緩和ケア

国立長寿医療研究センター在宅連携医療部、緩和ケア診療部
医師 西川 満則

日本人の死生観を踏まえた意思決定のあり方

東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター上廣講座
特任教授 清水 哲郎

家族ケア・グリーフケア

佐久大学
教授(看護学部長) 堀内 ふき

QOD(Quality of Death/Dying)の実現に向けて

お茶の水女子大学
名誉教授 袖井 孝子

インタビュー

いつも元気、いまも現役

不思議なことは面白い
いくつになっても変わらない気持ち

精神科医 臺 弘

ルポ:地域の鼓動

「ピンチをチャンスに」
震災をきっかけに地域の再生をめざす

宮城県本吉郡南三陸町

エッセイ

忠臣蔵の医学

第2回 浅野内匠頭の精神障害

愛知県心身障害者コロニー 名誉総長 篠田 達明

高齢者の低栄養素の要因と手だて

第2回 新しい危険因子のインパクト

人間総合科学大学保健医療学部 学部長 柴田 博

長寿フロントライン

血管内皮細胞におけるNF-kB経路遮断による抗老化・長寿

東北大学大学院医学系研究科
分子代謝病態学分野糖尿病代謝科
助教 長谷川 豊

News&Topics


以下をクリックすると機関誌の内容をご覧になることができます。



Acrobat Readerをダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、Adobe Acrobat Reader DC のサイトからダウンロードできます。
インストール方法はAdobe社のサイトで説明されています。

Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated (アドビ システムズ社)の商標です。