長寿科学研究に関する情報を提供し、明るく活力ある長寿社会の実現に貢献します。

エイジングアンドヘルス バックナンバー No.68

長寿科学研究に関する情報を提供し、研究の推進及び知識の啓発、普及を図るため「機関誌(Aging & Health)」 を毎年定期的に刊行し、関係各機関に無償配布しています。なお、ご寄付を頂いた方々にも1年間(4冊)お送りいたしております。

No.68 2014年 冬号

エイジングアンドヘルスNo.68 2014年 冬号表紙

最新研究情報

  • 靴の中敷センサによる歩行の評価
  • ビスホスホネートは大腿骨の非定型骨折のリスクを高める
  • 地中海食はMCIおよび認知症発症を予防する
  • 高齢期の不健康な生活習慣は生活機能障害のリスクとなる
  • タウタンパク質病変の生体での画像化に世界で初めて成功
  • マイトホルミシス: 筋肉刺激は長寿の素
  • 認知症予防にもラパマイシン:海馬神経新生への効果

巻頭言

百寿者調査のこれまでとこれから

慶應義塾大学医学部内科(老年内科)
診療部長 広瀬 信義

対談

生き生きとした心豊かな長寿社会の構築をめざして

認知症高齢者の長寿化を果たし真の長寿国へ
  • 国際医療福祉大学大学院
    教授 大熊 由紀子
  • 公益財団法人長寿科学振興財団
    理事長 祖父江 逸郎

特集:笑いと元気の関係

総論:人はなぜ笑うのか

関西大学人間健康学部
教授 森下 伸也

笑いの免疫機能・ストレスへの作用について

日本笑い学会
副会長(医師) 昇 幹夫

笑って認知症を予防できるか

福島県立医科大学医学部疫学講座
教授 大平 哲也

笑いがもたらすリラクセーションの効果

名古屋市立大学看護学
准教授 池田 由紀

インタビュー

いつも元気、いまも現役

「死ぬときが一生のてっぺん」
老年期になっても人は成長し続ける

ジャーナリスト むのたけじ

ルポ:地域の鼓動

これからの認知症対策では
大規模な人材育成事業が不可欠

熊本県

エッセイ

忠臣蔵の医学

第4回 大石内蔵助の切腹

愛知県心身障害者コロニー 名誉総長 篠田 達明

高齢者の低栄養素の要因と手だて

第4回 高齢者のための食生活指針

人間総合科学大学保健医療学部 学部長 柴田 博

News&Topics


以下をクリックすると機関誌の内容をご覧になることができます。



Acrobat Readerをダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、Adobe Acrobat Reader DC のサイトからダウンロードできます。
インストール方法はAdobe社のサイトで説明されています。

Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated (アドビ システムズ社)の商標です。