長寿科学研究に関する情報を提供し、明るく活力ある長寿社会の実現に貢献します。

エイジングアンドヘルス バックナンバー No.71

長寿科学研究に関する情報を提供し、研究の推進及び知識の啓発、普及を図るため「機関誌(Aging & Health)」 を毎年定期的に刊行し、関係各機関に無償配布しています。なお、ご寄付を頂いた方々にも1年間(4冊)お送りいたしております。

No.71 2014年 秋号

エイジングアンドヘルスNo.71 2014年 秋号表紙

最新研究情報

  • コンピュータゲームによる脳機能評価
  • αシヌクレイン免疫療法がレビー小体病モデルの病態を改善
  • パーキンソン病発症の新規メカニズム:WASH複合体の関与
  • 「若き血潮」は老いを防ぐ効果がある
  • 2型糖尿病では骨強度が低下しているため骨折頻度が高い
  • 80歳以上のインスリン使用者では低血糖が倍増する

巻頭言

老化という視点から疾患・要介護の研究推進を

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター
センター長 井藤 英喜

対談

生き生きとした心豊かな長寿社会の構築をめざして

高齢者のこころを理解して社会参加のアプローチを
  • 大阪大学大学院人間科学研究科 臨床死生学・老年行動学研究分野
    教授 佐藤 眞一
  • 公益財団法人長寿科学振興財団
    理事長 祖父江 逸郎

特集:高齢者糖尿病のマネジメント

特集にあたって

東京大学大学院医学系研究科 代謝・栄養病態学(糖尿病・代謝内科)
教授 門脇 孝

高齢者糖尿病の合併症の疫学

新潟大学大学院医歯学総合研究科 血液・内分泌・代謝内科
鈴木 浩史

新潟大学大学院医歯学総合研究科 血液・内分泌・代謝内科
教授 曽根 博仁

高齢者糖尿病の病態と特徴

東京大学大学院医学系研究科 代謝・栄養病態学(糖尿病・代謝内科)
講師 鈴木 亮

高齢者糖尿病の特徴を踏まえた治療目標と治療の進め方

地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター
内科総括部長(糖尿病・代謝・内分泌内科) 荒木 厚

高齢者糖尿病の薬物治療の進め方と注意点

川崎医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科学
木村 友彦

川崎医科大学・総合内科学 1
特任教授 加来 浩平

インタビュー

いつも元気、いまも現役

「茶の湯の心」は
日本人のDNAに脈々と存在するもの

茶道家 塩月 弥栄子

ルポ:地域の鼓動

「ドスコイ、ドスコイ」のかけ声で
広がる高齢者の輪

奈良県葛城市

エッセイ

映画の中の老い

第3回 老後の生き方を考える -「マルタの優しい刺繍」/「ノーバディーズ・フール」

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター理事長 松下 正明

長寿の道も一歩から ~登山を通じた健康づくり〜

第3回 森林空間での処し方「森林セラピー®

医師、登山家 今井 通子

News&Topics


以下をクリックすると機関誌の内容をご覧になることができます。



Acrobat Readerをダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、Adobe Acrobat Reader DC のサイトからダウンロードできます。
インストール方法はAdobe社のサイトで説明されています。

Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated (アドビ システムズ社)の商標です。