長寿科学研究に関する情報を提供し、明るく活力ある長寿社会の実現に貢献します。

エイジングアンドヘルス  バックナンバー No.88

長寿科学研究に関する情報を提供し、研究の推進及び知識の啓発、普及を図るため「機関誌(Aging & Health)」 を毎年定期的に刊行し、関係各機関に無償配布しています。なお、ご寄付を頂いた方々にも1年間(4冊)お送りいたしております。

No.88 2019年冬号

エイジングアンドヘルスNo.88 2019年冬号表紙

巻頭言

共生社会に向けた多世代循環型アプローチとは

東京都健康長寿医療センター研究所
社会参加と地域保健研究チーム研究部長(チームリーダー) 藤原佳典

特集:広がる共生型サービス─地域共生社会をめざして─

共生型ケア拠点の政策化の経過と今後の課題

日本福祉大学社会福祉学部教授 平野隆之

全国へ広がる富山型デイサービス

富山県厚生部厚生企画課

高知県「あったかふれあいセンター事業」にみる地域共生社会づくりへの展望

高知県地域福祉部地域福祉政策課地域福祉推進チーム主査 吉本知子

地域共生社会を見据えた共生型サービスのための人材育成と支援

東北福祉大学総合マネジメント学部教授 高橋誠一
特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター理事長 池田昌弘

対談

生き生きとした心豊かな長寿社会の構築をめざして

長寿科学研究は社会に深くコミットしていくこと
  • 国立長寿医療研究センター理事長特任補佐
    桜美林大学老年学総合研究所所長 鈴木隆雄
  • 公益財団法人長寿科学振興財団
    理事長 祖父江 逸郎

最新研究情報

  • WEB利用におけるMCI高齢者の視線の特徴が示される
  • 長期間の運動介入によって認知症の発生は予防できない!?
  • 頭蓋の骨髄と脳をつなぐ血管チャネルの発見
  • 老化グリア細胞の除去はタウの病理と認知機能低下を抑制する
  • 筋肉由来のアペリンは加齢性サルコペニアを回復させる
  • 活性化好中球は休眠中のがん細胞を眠りから覚ます
  • 脳の下水管をきれいに

インタビュー

いつも元気、いまも現役

好きなことばかりできたのは運がいいからでしょう

ジャズクラリネット奏者 北村英治

ルポ:地域の鼓動

認知症でも地域に役立つ つながりを創る新しいデイサービス

東京都町田市 NPO町田市つながりの開 DAYS BLG!

エッセイ

画鬼・河鍋暁斎―幕末明治を生きた天才絵師―

第4回 暁斎の主治医 ─ベルツと浅田宗伯─

蕨眼科院長
公益財団法人河鍋暁斎記念美術館理事長・館長
河鍋 楠美

訪問看護師から「老い」をみると

第4回 オールドロングステイ

看護師
東京女子医科大学大学院看護職生涯発達学分野 非常勤講師
宮子 あずさ

長寿たすけ愛講演会2018in佐賀・徳島・飯田

News&Topics


以下をクリックすると機関誌の内容をご覧になることができます。



Acrobat Readerをダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、Adobe Acrobat Reader DC のサイトからダウンロードできます。
インストール方法はAdobe社のサイトで説明されています。

Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated (アドビ システムズ社)の商標です。