長寿科学研究に関する情報を提供し、明るく活力ある長寿社会の実現に貢献します。

認知症の予防と治療

平成18年度 業績集 (発行日 平成19年3月)

認知症の予防と治療 目次

発刊にあたり

小林 秀資
(財)長寿科学振興財団 理事長

1.序論

1)認知症は生活習慣病か

柳澤 信夫
関東労災病院・信州大学

2.認知症予防のために

1)生活習慣の意義

1-1)運動・行動習慣

朝田 隆
筑波大学

1-2)食習慣

植木 彰
自治医科大学附属病院大宮医療センター

2)発達期の教育と環境

瀬川 昌也
瀬川小児神経学クリニック

3)認知症の脳病変とその原因

村山 繁雄
東京都老人総合研究所

4)高齢疾患から認知症に陥らないために

4-1)生活不活発病(廃用症候群)の予防

大川 弥生
国立長寿医療センター病院

4-2)高齢者手術におけるリスク要因

深田 伸二
国立長寿医療センター病院

4-3)運動障害に対するリハビリテーション

里宇 明元
慶應義塾大学

4-4)認知症の進行および予防に対する運動の効果

長屋 政博
国立長寿医療センター

5)高齢者自立の地域サポート

藤本 直規
医療法人藤本クリニック

3.認知症の早期診断

1)早期発見の現状と問題点 -レビュー-

鳥羽 研二
杏林大学

2)認知症早期診断のための臨床評価法の実際

荒井 啓行
東北大学大学院

3)アルツハイマー病の生物学的診断マーカー

武田 雅俊
大阪大学大学院

4)画像診断

伊藤 健吾
国立長寿医療センター研究所

5)分子イメージング

福山 秀直
京都大学医学研究科附属高次脳機能総合研究センター

6)軽度認知障害から認知症へ-予知は可能か

新井 平伊
順天堂大学

7)血管性認知症のリスクと早期診断

小林 祥泰
島根大学医学部附属病院

4.認知症の治療と介護

1)薬物治療 -現在と未来-

1-1)神経伝達の改善薬

道川 誠
国立長寿医療センター研究所

1-2)アルツハイマー病のワクチン療法

原 英夫
藤田保健衛生大学

1-3)神経細胞保護治療

丸山 和佳子
国立長寿医療センター研究所

2)運動療法と行動療法

2-1)地域介入としての運動療法

朝田 隆
筑波大学

2-2)美術療法

宇野 正威
東北福祉大学、吉岡リハビリテーションクリニック

3)BPSDの治療と介護

服部 英幸
国立長寿医療センター

5.認知症患者のQOL

1)認知症高齢者の生活補助機器

田村 俊世
千葉大学

2)認知症と自動車運転

池田 学
熊本大学大学院

3)認知症介護の質的評価

水野 裕
一宮市立市民病院今伊勢分院

4)家族介護者の介護負担

荒井 由美子
国立長寿医療センター研究所

5)認知症患者の終末期ケア

葛谷 雅文
名古屋大学

6)認知症患者の法的保護の課題

矢野 和雄
矢野法律事務所

6.認知症の介護システム

1)介護保険制度改革と認知症ケアの地域展開

佐々木 健
厚生労働省老健局

2)我が国の認知症介護の現状と問題点

遠藤 英俊
国立長寿医療センター

3)地域モデル

鷲見 幸彦
国立長寿医療センター

4)居住環境と介護要因

4-1)認知症高齢者への在宅環境配慮

児玉 桂子
日本社会事業大学

4-2)グループホームの現状と課題

加藤 伸司
東北福祉大学、認知症介護研究・研修仙台センター

5)介護要員教育のあり方 とくに認知症介護職員の研修について
-認知症介護研究・研修センターの役割-

小長谷 陽子
認知症介護研究・研修大府センター

※著者の氏名・所属は発刊当時のもの



Acrobat Readerをダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、Adobe Acrobat Reader DC のサイトからダウンロードできます。
インストール方法はAdobe社のサイトで説明されています。

Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated (アドビ システムズ社)の商標です。