健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

肝性グルタミナーゼへの介入は高血糖を是正する

 2型糖尿病で観察される空腹時血糖値の上昇にはグルカゴンの分泌異常が関与するが、そのメカニズムは明らかではない。ペンシルバニア大学のMillerらはグルカゴンによるグルタミンからの糖新生が血糖値の増加に重要なことや、肝臓グルタミナーゼ2(GLS2)の機能喪失はグルカゴン抵抗性をもたらし空腹時血糖値を下げ、GLS2領域の変異に伴う機能獲得型ミスセンス変異はグルタミン分解とグルコースの産生を亢進させることを見出した。グルカゴンシグナル伝達への介入は新たな高血糖の治療法開発につながる。

参考文献

Miller RA, et al.Nat Med 2018;24:518-524

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.86

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.86(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください