健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

ロコモティブシンドロームとは

 ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)とは、「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態 」1)のことを表し、2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。略称は「ロコモ」、和名は「運動器症候群」と言われます。運動器とは、身体を動かすために関わる組織や器管のことで、骨・筋肉・関節・靭帯・腱・神経などから構成されています。

要介護の原因となるロコモティブシンドローム

 高齢化社会を迎えている日本では、平均寿命は約80歳に達し、運動器の障害によって、日常生活に支援や介護が必要となる方が増加しています。平成25年の介護が必要となった主な原因の「高齢による衰弱」、「骨折・転倒」、「関節疾患」を運動器の障害としてまとめると全体の36.1%で、一番多い原因となります。また、要支援1では52.1%、要支援2では49.6%と約半分を占めており、運動器の障害をきっかけに日常生活の自立度が下がりやすいことがわかります。脳血管障害で身体に麻痺などの運動器の障害が生じることも多く、介護の原因に運動器の障害が大きく関与していることが伺えます(グラフ1参照)。

 平均寿命が延びている分だけ、運動器の健康を長く保ち続ける必要があり、国民一人一人が運動器の健康維持に対して関心を向け、ロコモティブシンドロームを予防するための運動習慣が推奨されています。

グラフ:要介護度別にみた介護が必要となった主な原因の構成割合を示すグラフ。運動器の障害により介護に至る方が多いことを表している。詳細は表の通り。

グラフ1:厚生労働省 国民生活基礎調査 平成25年度 要介護度別にみた介護が必要となった主な原因の構成割合
表: 厚生労働省 国民生活基礎調査 平成25年度
要介護度別にみた介護が必要となった主な原因の構成割合
脳血管疾患(脳卒中)
Cerebrovascular diseases
認知症
Dementia
高齢による衰弱
Asthenia due to a ripe age
骨折転倒
Fracture
関節疾患
Articular
diseases
心疾患(心臓病)
Heart disease
その他の原因
Other causes
不詳
Unknown
総数
Total
18.5 15.8 13.4 11.8 10.9 4.5 23.6 1.6
要支援1
Requiring help1
8.5 3.9 17.3 11.3 23.5 9.1 23.8 2.7
要支援2
Requiring help2
14.1 3.3 13.8 17.6 18.2 5.2 26.5 1.3
要介護1
Long-term care level 1
13.9 22.6 16.1 12.6 9.7 3.7 21.0 0.4
要介護2
Long-term care level 2
18.9 19.2 13.8 10.3 8.6 3.9 24.9 0.5
要介護3
Long-term care level 3
23.5 24.8 10.2 8.8 5.1 4.6 22.8 0.3
要介護4
Long-term care level 4
30.9 17.3 9.4 14.0 3.4 1.7 22.8 0.5
要介護5
Long-term care level 5
34.5 23.7 8.7 7.6 1.9 1.4 21.6 0.6
注:
  1. 「総数」には要介護度不詳含む。
  2. 「その他の原因」には、「不明」を含む。
Note:
  1. "Total" includes persons whose level of long-term care is unknown.
  2. "other causes" includes "Unspecified".

ロコモティブシンドロームの原因

 運動器の障害は、運動器自体の疾患によるものと、加齢に伴って起こる運動器の機能低下によるものとがあります。

運動器の疾患:

 変形性膝関節症、骨粗鬆症、関節リウマチ、変形性脊髄症、背柱管狭窄症、骨折、四肢・体幹の麻痺、腰痛、肩こりなど

加齢に伴う運動器の機能低下:

 四肢・体幹の筋力低下、体力・全身耐久性の低下、筋短縮や筋萎縮による関節可動式制限、関節や筋の痛みなど

 運動器の疾患や、加齢に伴う運動器の機能低下によって、立位・歩行機能やバランス機能、巧緻性、運動速度、反応時間、深部感覚などが低下し、屋内外の移動やトイレ・更衣・入浴・洗面などの日常生活活動に介助が必要な状態となっていきます。身体が思うように動かないことで外出するのが億劫となり、家に閉じこもりがちとなると運動の機会が減り、さらに運動器の機能低下が進みます。容易に転倒しやすくもなり、怪我や骨折のリスクも高くなります。

ロコモティブシンドロームのチェック

 ロコモティブシンドロームは、自らの運動器の機能低下に気づき、進行を予防するための運動習慣をできるだけ早い時期からスタートさせることが大切です。ロコモ チャレンジ!推進協議会のホームページでは、運動器の衰えを7つの項目でチェックできる「ロコチェック」が紹介されています。(図1参照)

図:ロコチェックを使って簡単に自分のロコモ度を簡単に確かめることができる7項目のチェックシート。1.片足立ちで靴下がはけない。2.家の中でつまづいたり滑ったりする。3.階段を上るのに手すりが必要である。4.家のやや重い仕事が困難である。5.2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である。6.15分くらい続けて歩くことができない。7.横断歩道を青信号で渡りきれない。

図1:ロコチェック 2)

ロコモティブシンドロームを予防するには

 ロコモティブシンドロームの予防には、毎日の運動習慣とバランスの良い食生活が要です。「片脚立ち」(図2バランス能力をつけるロコトレ「片脚立ち」参照)と「スクワット」(図3 下肢筋力をつけるロコトレ「スクワット」参照)が自宅で簡単安全に行うことができ、おすすめです。毎日の生活の中で、階段を使う、一駅分歩いて通勤・買い物に行くなど、運動の要素を積極的にプラスすることもロコモ予防となります。

図:ロコトレ「片脚立ち」のやり方を示す図。転倒しないように必ずつかまる物がある場所で、床につかない程度に片足を上げます。左右一分間ずつ、1日3回行いましょう。

図2:バランス能力をつけるロコトレ1「片脚立ち」 3)

図:ロコトレ「スクワット」のやり方を示す図。1.肩幅より少し広めに足を広げて立ちます。つま先を30度くらいづつ開きます。2.膝がつま先より前に出ないように、また膝が足の人差し指の方向に向くように注意して、お尻を後ろに引くように身体をしづめます。なお、スクワットができないときは、椅子に腰かけ、机に手をついて立ち座りの動作を繰り返します。

図3:下肢筋力をつけるロコトレ2「スクワット」 4)

引用元

  1. ロコモパンフレット2015年度版 公益社団法人日本整形外科学会/ロコモ チャレンジ!(PDF:1.12MB)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  2. 日本整形外科学会公認 ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト ロコモチャレンジ!「ロコチェック」(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  3. 日本整形外科学会公認 ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト ロコモチャレンジ!ロコトレ1 バランス能力をつけるロコトレ「片脚立ち」(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  4. 日本整形外科学会公認 ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト ロコモチャレンジ!ロコトレ2 下肢筋力をつけるロコトレ「スクワット」(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください

関連記事