健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

摂食・嚥下障害のケア

公開日:2016年7月25日 09:10
更新日:2019年2月 1日 20:13

摂食嚥下障害のケアはなぜ必要か

 口腔内には、むし歯や歯周病に関わる細菌(病原性微生物)がたくさん存在しています。これらの細菌が、唾液とともに気管や肺に流れ込んでしまうと、誤嚥性肺炎を起こす原因となります。肺炎は、日本人の死因の第4位ですが、そのうちの9割以上が65歳以上の高齢者です。その理由として

  • 加齢とともに、誤嚥をしやすくなる
  • 誤嚥したときに、それを咳とともに排出する力が弱くなる
  • 免疫力が低下し、肺炎を起こしやすくなる

などが挙げられます。また、摂食嚥下障害がある方への口腔ケアは、単に口腔内を清潔にするだけではなく、口腔内を刺激することで、感覚を取り戻す可能性もあります。

 もう1つ、摂食嚥下障害がある方へのケアとして重要なのが、食事の介助です。摂食嚥下障害があると、上手に食物をかみ砕くことや、"むせこみ"によって必要量の食事をとることが出来なくなります。ケアを行う側は、どうすれば食物を嚥下しやすい大きさややわらかさにできるのか、"むせこみ"を起こさずに嚥下できるのか、しっかりと観察しながら、介助していく必要があります。

重要なケア1.口腔ケア

 口腔ケアは口の中の清潔を保つためのケアであり、摂食嚥下障害へのケアに必要不可欠なものです。歯ブラシなどを用いて、口腔内を清潔にすることで食物残渣(しょくもつざんさ:食べ物の残りカス)や、口腔内の細菌を除去し、口腔内の衛生状態を改善させることができます。また、口腔内を刺激することで唾液の分泌活性化、誤嚥による肺炎の予防など、期待される効果はたくさんあります。

 口腔ケアは基本的には歯ブラシを用いますが、図に示す通り歯間ブラシやデンタルフロスなど、補助的な用具も併せて使用することで、効果はより大きくなります。また、唾液の量が少ないため口腔内が乾燥している場合には、少量の水や保湿剤を用いて、口腔内の環境を整えるケアを行います。

図:口腔ケア時の必要物品を示すイラスト。普通の歯ブラシ、吸引付き歯ブラシ、タフトブラシ、歯間ブラシ、粘膜用のスポンジブラシ、舌ブラシ、消毒薬、保湿剤。
図 :口腔ケア時の必要物品

重要なケア2.摂食時の介助

 摂食嚥下障害の方の食事の介助を行う際にも、最初に口腔ケアを行います。食事前の口腔ケアは、

  • 口腔内を清潔にする
  • 舌のストレッチを併せて行って唾液の分泌を促し、摂食嚥下をしやすい口腔内の環境を作り出す
  • 併せて体操や発声を行うことで、口腔内を刺激する

などの効果が期待できます。

 また、食事前に姿勢のポジショニングをとることも必要です。座位での食事は自分で頭頚部を支えられる人が対象となります。座位を取るときは、足底をしっかりと床につけ、上体や頭頚部が後屈しないように深く座ってもらいます。左右の骨盤や、肩に傾きが無いように、タオルやクッションを使って適宜体幹の傾きを補正し、食卓テーブルは肘の高さになるように調整します。

 座位での食事が困難な場合は、リクライニングの椅子を用いて、頭頚部を支持します。このとき、ヘッドアップの角度を、一部介助なら45度以上、全介助なら30度以上で調整します。身体がずり落ちてしまわないよう、タオルやクッションなどで体位を調整します。

 食事介助をする際には、スプーンを使用します。相手の反応を見ながら、きちんと嚥下が出来ているか、"むせこみ"が起こっていないか、確認しながら介助します。

嚥下開始食に何を選択するか

 嚥下開始食として適している食材は、嚥下障害が起きている食事の時期によって変わってきます。

準備期、または送り込み期

 咀嚼や食塊形成、咽頭への送り込みが難しいため、舌の運動に頼らない食物を選択します。例えば、咽頭へ流し込める液体を選択したり、みそ汁にとろみを付けると良いでしょう。または、コーンスープ、シャーベットなど、ペースト状で低粘度の食形態が望ましいでしょう。

咽頭期

 誤嚥を予防する食物を選択します。例えば、ヨーグルト、ゼリーといった高粘度のペースト状の食形態が望ましいでしょう。

 とろみのある液体はさらさらの液体よりも咽頭でまとまり、咽頭への流入速度が遅くなることから、誤嚥を防げることが分かっています。誤嚥のリスクが高い場合には、あらかじめお茶、味噌汁にとろみを付けておきましょう。

このページについてご意見をお聞かせください