健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

帯状疱疹の症状

公開日:2016年7月25日 14時00分
更新日:2020年2月21日 14時46分

帯状疱疹の主な症状

 帯状疱疹の主な症状は、次の3つです。

  • ツンツンと刺すような痛み
  • 神経の走行に沿った位置にできる発疹(皮疹)
  • 発疹(皮疹)からの水ぶくれ
図:帯状疱疹の症状「痛み」「赤い発疹」「水ぶくれ」を表すイメージ。

帯状疱疹の症状の経過

  1. 神経に沿って体の左右どちらか一方にチクチク、ピリピリする痛みが起こります。
  2. しばらくして、痛みが出た部分が赤くなります。
  3. 小さくて透明な水ぶくれが集まってでき、やがて濁って、時には黄色くなります。
  4. 2~3週間で黒褐色のかさぶたとなり、4~6週間くらいでかさぶたが取れて治っていきます。
  5. 痛みは皮膚の症状と一緒に消えていきます。稀に痛みが続くこともありますので、主治医に相談してください。

 最初は、神経の走行に沿って、ツンツンと刺すような痛みが出ます。中には、強い痛みを伴うこともあります。その後、紅い発疹(皮疹)ができ、さらに発疹(皮疹)の上に小さな水ぶくれ(水泡)が集まるようにできます。

 神経の痛みは、体の半身の神経に沿って、右巻きか左巻きにまるで帯を巻いたように広がります。体幹(胴体部分)だけでなく、顔(図の三叉神経領域)や四肢にできることもあります。

図:三叉神経の分岐と顔面上で支配している部分を示す図。三叉神経は耳の付け根から顔面にかけて、眼神経、上顎神経、下顎神経の3つに分岐している。そのため、眼神経については鼻先から上頭部にかけて支配し、上顎神経は頬の部分にかけて支配し、下顎神経は顔面側面および下顎の部分にかけて支配している。

図:三叉神経の分岐と、顔面上で支配している部分
画像:Copyright © Aleksei Fetisov/123RF 写真素材より一部改変

 帯状疱疹を発症すると、数日から1週間は、体の右側か左側、つまり半身の神経節の部分に、痛みやかゆみのような違和感が続きます。その後、赤い発疹(皮疹)が出ます。それはまるで虫に刺されたような痕です。

 ほぼ同じような時期に、発熱やリンパ節の腫れ、頭痛などが起こることもあります。やがて真ん中にくぼみのある水ぶくれが増えていきます。水ぶくれは最初、透明ですが、徐々に黄色い膿疱(のうほう 膿が溜まったみずぶくれ)になります。

 発疹(皮疹)が出来始めて6~8日後には、水ぶくれが破れて、ただれ(びらん)か、潰瘍になります。紅い発疹(皮疹)丘疹が発生してからの1週間は、新しい丘疹や水ぶくれが新生し、どんどん範囲が広がっていきます。

 その後およそ2週間で、かさぶたになり、3週間以降にはかさぶたが取れて治癒します。水ぶくれが大きく深い場合は、潰瘍になることもあり、色素沈着などの痕を残しますが、そのうち目立たなくなります。

 帯状疱疹が軽症ならば、2~3週間かかりますが、自然治癒することもあります。しかし高齢者が帯状疱疹にかかった場合、重症化することが多く、後遺症が残ったり、全身状態が悪くなることがあります。高齢者だけでなく免疫力の落ちている人も、重症化することが多く、いつまでも強い痛みが残ったり、深刻な皮膚潰瘍を患ってしまいます。後遺症を残さないためには、早く治療することが重要です。

高齢者は特に気を付けたい「帯状疱疹後神経痛」

 帯状疱疹が見た目上は落ち着き、3カ月以上が過ぎても、強い痛みがしつこく続くことがあります。この状態は、「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれます。帯状疱疹後神経痛は、水疱瘡のウイルスに感染した神経に起こる病気で、慢性的な痛みが、数ヶ月から数年単位で続きます。これは、帯状疱疹による神経の炎症が原因で、神経を傷つけてしまった結果、神経痛が残ってしまった状態です。

 帯状疱疹後神経痛は高齢者に多くみられ、痛みのほとんどは1~3カ月で消えてきます。しかし、帯状疱疹後神経痛の10~20%が、1年以上の痛みに悩まされれることがあります。中には10年以上、痛みが続く人もいるそうです。

 神経痛みによる苦痛が続くと、大きなストレスとなり、やがて不眠やうつを引き起こす原因になることがあります。もし、帯状疱疹による痛みが続く場合は、すぐにかかりつけ医に相談し、適切な治療を受けましょう。

帯状疱疹の合併症

 その他の合併症としては、ライムゼイ・ハント症候群があります。この病気は、帯状疱疹がきっかけで顔面の神経が侵され、耳の発疹と顔面の麻痺、めまい、味覚障害などを引き起こす病気です。

 帯状疱疹は、発症する部位によってさまざまな合併症を起こすことがあるため、顔面や陰部に痛みや発疹(皮疹)がある場合は、注意して医師に相談してください。

 また、写真1の多神経皮膚文節の帯状疱疹や、写真2の汎発性帯状疱疹の場合などは、入院治療が必要となることもあります。

写真1:入院治療が必要になるケース1 多神経皮膚文節の帯状疱疹
写真:公益社団法人日本皮膚科学会1)

写真2:入院治療が必要になるケース2 汎発性帯状疱疹
写真:公益社団法人日本皮膚科学会1)

帯状疱疹によく似た症状が出る病気

 帯状疱疹とよく似た症状の病気には、接触皮膚炎(かぶれ)や単純疱疹、水ぶくれができる病気である水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう)があります。

 これらの病気は、帯状疱疹と似てはいますが、原因が違いますので、治療法も違います。かかりつけ医と相談し、場合によっては皮膚科を受診することもありますが、早期にしっかりと治療しましょう。

写真引用元

  1. 公益社団法人日本皮膚科学会(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください