健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

多系統萎縮症のケア

公開日:2016年7月25日 10時00分
更新日:2019年2月 1日 20時34分

多系統萎縮症に対してどのようなケアを行えば良いか

 多系統萎縮症は、病状の進行により、様々な症状がみられるようになりますので、それぞれの症状に合わせたケアが必要です。

症状1 起立性低血圧に対してのケア

 起立性低血圧は多系統萎縮症の代表的な症状の1つです。特に在宅療養中には、ベッドから起き上がるときに意識を失ってしまう(失神する)ことがあります。そのため急に起き上がらず、上体を徐々に起こしてゆっくりと姿勢を変えるよう、指導する必要があります。

 特に、ベッド上で横になって過ごす時間が長くなると、起立性低血圧がみられやすくなります。ベッド上で横になって過ごす時には、下肢に弾性ストッキングを装着することで、起立性低血圧の症状を予防できることがあります。

症状2 小脳症状に対してのケア

 小脳症状に対しては、薬物での治療が行われますが、同時に大切なのが、リハビリテーションです。治療としてのリハビリテーションだけではなく、日常生活の中で、自らも積極的にリハビリテーションを行っていけるよう、支援や介助をすることが大切です。

 起き上がり動作や、ベッドに横になる動作、歩行、会話など、今残っている機能を生かして無理なく行っていく必要があります。これらの動作を1人で行うことで、転倒のリスクが高まります。家族や介護者と一緒に行うことで、転倒リスクを軽減していくことができます。

症状3 栄養状態に対してのケア

 疾患により筋緊張が亢進したり、失調症状としての球麻痺などにより、嚥下機能が低下します。嚥下状態を観察し、食べやすい形状に整えたり、水分にとろみをつけるなどにより、誤嚥を予防することが必要です。嚥下障害に対して医療処置を必要とするかどうかは、嚥下機能の検査をする必要があります。在宅療養の前には、嚥下機能を評価しておくと良いでしょう。

 万が一、急な発熱が見られた場合には、誤嚥性の肺炎も疑います。

症状4 コミュニケーション障害に対してのケア

 小脳症状の1つに、言語障害があります。本人が意図しなくても、断綴(だんてつ)性言語※1となって聞き辛さが増し、会話が成立しなくなります。これにより、伝えたいのに伝わらないという状況になり、患者の負担にもなります。そのため、コミュニケーション手段の工夫が必要となります。

 残存機能(今現在、残っている機能)を使い、意思表示用の文字盤などを活用して、積極的なコミュニケーションが取れるような、工夫をしていくことが必要です。

※1 断綴(だんてつ)性言語:
小脳性の疾患などでみられる構音障害のひとつ。発語は時に爆発的になったり、急に速度が落ちたり、とぎれることもある。音節が不明瞭で聞き取りにくくなる、急に発語の調子が変わるなど、酔っているかのうような話し方となる(断続性言語)。

多系統萎縮症患者への社会的ケアとは

 多系統萎縮症は、国が定める特定疾患(難病)ですので、40歳以上であれば介護保険を利用することができます。要介護認定を受け、介護保険を申請することで、介護に必要な費用の一部が助成され、様々なサービスを受けることができます。

 例えば、表1に示したようなサービスを、1割の自己負担で利用することができます。しかし、要介護の段階によって、助成可能な金額の上限額が決まっていますので、優先順位を決めて利用していくことになります。

表1:介護保険によって受けられるサービス
サービスの種類 利用できるサービスの内容
居宅サービス 訪問介護、訪問看護、訪問入浴介護、訪問リハビリ、通所リハビリ、デイサービス、ショートステイなどの利用、福祉用具の貸与
施設入所サービス 介護保険が利用可能な療養病床などの利用
介護保険で貸与(レンタル)できる福祉用具
  • 車イス(付属品も可)
  • 歩行器
  • 特殊寝台:電動ベッドなど
  • 褥瘡予防用具:エア・マットなど
  • 体位変換器
  • 手すり(取り付け時に工事を伴うものは除く)
  • 歩行補助杖:松葉杖、ロフストランド杖(カナディアン・クラッチ)、多点杖(四点杖など)
  • 移動用リフト:床走行式、固定式、据え置き式
介護保険で購入できる福祉用具
(直接肌に触れるものは、基本的に購入となる)
  • 腰掛便座
  • 特殊尿器
  • 入浴補助具
  • 簡易浴槽

寄付について

 当財団は、「長生きを喜べる長寿社会実現」のため、調査研究の実施・研究の助長奨励・研究成果の普及を行っており、これらの活動は皆様からのご寄付により成り立っています。

 温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ご寄付のお願い(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください