健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

肺炎の治療

 肺炎の治療法にはどのようなものがあるか

肺炎は早く治療を始めた方が良い

 肺炎は、早めに受診して、適切な薬物療法を行えば、怖い病気ではありません。しかし、高齢者の場合、特徴的な症状が現れにくいために治療のタイミングが遅れたり、慢性の病気があることが多く、早期に適切な治療を始められない場合があります。

 また、呼吸器に基礎的な病気がある人が肺炎にかかると、重症化しやすくなり、入院が必要になったり、場合によっては命に関わるほど重症化することも珍しくありません。

 肺炎の治療薬として、新しいお薬が次々に開発されていますが、肺炎は高齢者の死亡原因として増加傾向にあります。いずれにしても、治療を早くすると回復も早いので、「肺炎かもしれない」と思ったら、早めにかかりつけ医を受診してください。

治療の基本は安静から

 肺炎を発症すると、体の中では多くのエネルギーを使い、体を元に戻そうとしています。こういう時は、しっかりと安静を維持し、体を十分に休息させることが必要です。

 自宅療養で良い場合は、家の中で歩き回ったりせず、体を温めながらゆっくりと休養しましょう。次に、消化が良く栄養価の高いものを食べ、まめに水分を補給します。代謝を良くするだけではなく、脱水症状を予防できます。

 特に高齢者の場合、「喉が渇いた」という感覚が分かりにくいこともありますので、普段よりも意識して多くの水分(水やお茶など)を取るように心がけましょう。

処方されたお薬はきちんと服用する

 肺炎であると診断されたら、対症療法(症状に対する限定的な治療法)ではありますが、痰を出しやすくする薬、せき止め、解熱剤などが処方されますので、医師の指示通りにきちんと服用します。

 また、原因療法(病気の原因となった病原微生物に合わせた治療)として、肺炎の原因である細菌やウイルスに対する治療を行います。細菌による肺炎の場合は、抗生物質を使用します。

原因となった病原微生物に合わせた治療とは

 細菌性肺炎や、マイコプラズマなどによる非定型肺炎の治療薬には、抗生物質が処方されます。一方、ウイルスによる肺炎の場合には、抗ウイルス剤が治療薬として処方されます。

 抗生物質は、細菌に対して効果を発揮しますが、ウイルスに対しては無効です。それと同様に、抗ウイルス薬は、ウイルスに対しては効果を発揮しますが、細菌などに対しては無効です。それぞれが逆の治療薬を服用しても、効果が得られません。

エンピリックセラピー

 受診をして、ほぼ肺炎であると考えられる場合には、まずは肺炎になった病原微生物を特定します。細菌なのかウイルスなのかで、治療に使うお薬が変わるためです。

 しかし、場合によっては検査の結果が出るまでに時間がかかるため(マイコプラズマなど、数日間かかることもある)、エンピリックセラピーという治療を開始することがあります。

 エンピリックセラピーとは、肺炎の原因菌が検査ではっきりする前に、ある程度の見立てをして、服薬や点滴治療を開始することです。その後、検査結果が出た時に、見立てとは違う病原微生物が原因だった場合は、それに対する薬物療法に切り替えます。

肺炎の治療の流れをまとめると

 肺炎の治療薬は、以前は注射薬しかなかったため、入院して治療を受けることがほとんどでしたが、現在では抗生物質も内服薬ができ、通院で治療する場合と、入院して治療を受ける場合と、ほとんど変わらなくなりました。重篤な症状で入院した場合は、脱水症状を予防する点滴とともに、抗生物質なども同時に点滴で投与することがあります。

自宅療養における注意点

 重症度が低く、特に目立った既往歴や持病がなければ、内服薬を処方されて、自宅療養となります。処方薬としては、何日分かの抗生物質、あるいは抗ウイルス薬が処方されます。

 肺炎の症状が治まり、自分の判断では「回復した」と思っても、処方された分のお薬は、しっかり飲み切るようにしてください。これは、「症状が回復して元気になった」「せきが出なくなったからもう肺炎が治っている」と思っていてもまだ体内に細菌やウイルスが残っている場合があるからです。

 細菌やウイルスが消滅する前に服薬をやめてしまうと、肺炎の症状が復活することがあります。この場合、すでに抗生物質(あるいは抗ウイルス薬)への耐性が、体の中に出来てしまっているため、お薬が効かなくなり、最初の症状よりも悪化する場合があります。

このページについてご意見をお聞かせください