健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

肺炎の診断

公開日:2016年7月25日 13時00分
更新日:2019年2月 1日 21時26分

肺炎と診断されるまで

まずは症状を確認する

 医療機関を受診すると、まず問診を受けます。年齢や性別、これまでの既往歴(どんな病気を経験しているか)、現在治療をしている病気はあるか、普段飲んでいる薬はあるかなど、一般的な項目に加え、ここ数日間の自覚症状について聞かれます。

 もし、それまでに咳や痰、発熱などの症状がある場合は、いつから、どのような症状が、どのような時に自覚できるのか、なるべく詳細に伝えておきましょう。この「自覚症状」の情報が、肺炎だと確認できる手掛かりになることもあります。可能であれば、手帳やノートに書き留めておくと良いでしょう。

 次に、診察室に入ると、医師による聴診があります。医師は、呼吸に伴う肺の音を聞き分け、肺に雑音がないかどうかを確認します。肺炎を発症していると、肺炎に特徴的なパチパチ、パリパリというマジックテープをはがすような音や、肺の中に水が溜まっていれば、ブクブク、グーグーという特徴的な音が聞こえます。この時点で、肺炎かもしれないという推測はできますが、確定診断のためには、いくつかの検査を受ける必要があります。

肺炎であるかどうかを確認する検査

 肺炎の確定診断のためには、いくつかの検査が必要ですが、代表的なものが、画像診断、血液検査、呼吸機能検査です。

肺炎を診断する検査項目

画像検査

 レントゲン撮影(X線撮影)やCT画像を使った画像検査で、炎症が起きていれば、その部分が白く映し出されるため、肺炎があるかどうかを目で確認することができます

血液検査

 血液中のCRP(数値により炎症の有無が分かる)や、白血球の数値(炎症の有無が分かる)、赤沈値(赤血球の沈む速さで体の異常の有無が分かる:血沈値ともいう)などがあります。また、呼吸機能の充足度(十分な呼吸が出来ているかどうか)を見るために、酸素濃度を測る(肺炎の場合、酸素濃度は低い)こともあります

呼吸機能検査

 肺活量から肺の膨らみ具合や酸素を取り込む能力を調べる検査で、年齢や体形から求められた平均値と比較して判断し(%肺活量)、呼吸機能の状態(重症度)を測る目安になります。

 ただし、画像検査や血液検査で、肺炎であることが確認できる場合は、呼吸機能検査を無理に行うことはありません。胸の痛みや呼吸苦がある場合は、この検査を受けることは出来ません。受診した時の状態により、判断されます。

病原となった微生物を調べる検査項目

 肺炎であることが確認できたら、その原因は何かを調べる必要があります。原因(細菌、ウイルス、それ以外の病原微生物)によって、治療に使うお薬が変わってくるためです。

 病原微生物を確定する検査には、大きく分けて2通りあります。1つは短時間である程度の予測をつける検査、もう1つは時間をかけて病原微生物を特定する検査です。

迅速検査

 鼻やのどをこすった粘液で、インフルエンザや他の感染症であるかどうかが分かる検査で、数分間で結果が出る。あるいは、採取した尿から、肺炎球菌やレジオネラに感染していないかを推定する検査もある。どちらの検査も短時間で結果が分かります

喀痰(かくたん)検査

 痰を採取し、原因菌を推定する検査で、結果が出るまで数時間~数日間かかる。痰の中に含まれている細菌やウイルスを培養して、数を増やすことで特定しやすくする。

その他、比較的侵襲が高い検査

 この他、病原となった微生物を特定する検査には、以下のような特殊な項目もあります。

気管支鏡検査

 局部麻酔をして内視鏡を口から気管支内に挿入する検査で、気管支や肺から直接検体を採取し、細胞の種類や炎症の状態を詳しく調べる(図1)。

図1:気管支鏡検査のイメージ図。喉あるいは鼻から気管、気管支内にカメラを入れ、観察したり、痰を取ったり、細胞を採取したりする。

図1:気管支鏡検査のイメージ 1)

外科的肺生検

 気管支鏡検査でも病原微生物が特定できなかったり、肺炎を起こしている部位を特定する必要がある時、病状に緊急性が高い場合に、呼吸器外科で行われる検査で、肺組織を採取して、さらに詳しい病理検査を行う。

アイソトープ検査

 間質性肺炎であるかどうかの確定診断が必要な場合、行うことがある検査で、体の中に放射性物質を入れ、2日後に専用の装置(図2のガンマカメラ)で放射性物質を検出し、肺の機能を調べる。使われる放射性物質はガリウム67で、これにより標識されたクエン酸を注射する。この検査薬による被ばくは、年間に自然界から受ける被ばく量とほぼ同量で、放射性物質は尿や便から排出されるため、数日で体内から排出される。薬の副作用もほとんどないと言われている。

図2:ガンマカメラ装置で検査をしているところ

図2:ガンマカメラ装置 2)

病原微生物が確定する前に行われる治療もある

 肺炎のはっきりした診断がつかず、緊急を要する症状の場合は、エンピリックセラピー(経験的治療)と呼ばれる治療を行うことがあります。エンピリックセラピーとは、さまざまな検査の結果を持っている間に、病状が悪化するリスクを避けるため、ある程度「この病気(肺炎)の可能性がある」と予測をして、薬物治療を始めることです。

画像引用

  1. 株式会社QLife(監修:東京女子医科大学病院・中央集中治療部・佐藤庸子)
  2. 日本核医学会、日本核医学技術学会、日本アイソトープ協会「なぜ核医学検査を受けるの?」

このページについてご意見をお聞かせください