健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

高齢者向けの薬の管理

公開日:2016年7月25日 14時00分
更新日:2019年6月21日 12時57分

 高齢の患者さんは複数の疾患を治療していることが多く、使用される薬の種類や量は多くなるため、薬の管理が複雑になってきます。また、患者さんは視覚障害や手指動作の不自由などを有していることもあります。よって、認知症などの症状がなくても薬の飲み忘れや飲み間違いをしてしまったり、包装された薬を取り出せないことで服用できないこともあります。患者さんや御家族、医療スタッフで、個人ごとに適した薬剤の選択と管理方法を見つけていくことが大切です。

処方内容の簡素化

 多くの薬が処方されて管理できない場合があります。そのような時には、医師や薬剤師などに薬を減らすことができないか相談しましょう。最近では2種類の薬剤が合わさった配合剤や、1回の服用で長く効く薬などが増えています。また、定期的に体調や服薬できているかの状況により処方を見直してもらうことも重要です。

薬管理のツールを使う

 薬の服薬管理に役立つ「お薬管理箱(写真1)」や「おくすりカレンダー(写真2)」などを使用することにより、用法や飲み忘れを判別しやすくなり、飲み間違いを防ぐことができます。

写真1:お薬管理箱

写真2:お薬カレンダー

かかりつけ薬局とお薬手帳

 薬局は複数の医療機関の処方を確認して、薬効が重複していないか、飲み合わせが悪くないかをチェックしてくれます。ですから、病院や薬局で薬をもらう場合はお薬手帳を持参して薬剤師に確認してもらいましょう。

 かかりつけ薬局は複数の医療機関で発行された処方せんを持ち込めば、処方を合わせて一包化を行ってくれます。薬局によっては分包紙や薬袋に日付、朝・昼・夕等服用方法を大きく表記したり、色分けしたラインを引くなどの対応を行っているところもあります。

薬の管理を手伝ってもらう

 高齢の患者さんが御家族と同居、または、すぐ行き来できる距離に住んでいるのであれば、薬の服用を確認するなどの協力をしていただくことはとても有用です。しかし、遠方で一人暮らしをしている場合は、御家族が服薬時間に電話を入れる、デイサービス利用時に服薬を行う、ケアマネージャーや訪問介護のヘルパーなどに協力依頼を行うことも有用です。

訪問薬剤指導を利用する

 主治医の指示により、薬剤師が患者さんの御自宅に訪問して薬剤指導を行う保険制度があります。薬の専門職である薬剤師が、薬を患者さんの御自宅に配達し、そこで患者さんや御家族とお話をしたうえで、残っている薬などを調べて服薬状況を把握し、適切に服薬できるように工夫や指導を行います。

薬の補助器具を使う

PTPシートから錠剤を抜く補助具(写真3)

 PTPシートから薬を取り出すのに手間取らず、薬を落としてしまったりするのを防ぐ器具です。

写真3:錠剤を抜く補助具

吸入補助具

 高齢の患者さんにとってスプレータイプの吸入薬は、呼吸のタイミングに合わせて噴霧、吸入しなくてはならないため使用方法がとても難しいです。しかし、吸入補助具を使うと、薬を一時的に補助具内へとどめることができるため、タイミングを合わせる必要が無く、容易に吸入を行なうことが出来ます。

点眼補助具(写真4)

 点眼時の点眼瓶の位置を固定できるため点眼瓶の先で眼を傷つけることもなく、また点眼瓶と眼の接触を防ぐことにより細菌感染を防ぎ、清潔で安全な点眼を行うことができます。

写真4:点眼補助具

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください