健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

薬物血中濃度測定

公開日:2016年7月25日 11時00分
更新日:2019年2月 1日 22時08分

後期高齢者の薬の使い方の注意点

 からだに取り込まれた薬は、そのままの形で排泄されるものもありますが、大部分は肝臓で分解(代謝)され、一部は胆汁とともに糞便中に、残りのほとんどは腎臓を通り尿としてからだから出て行きます。

 高齢者といっても、75歳くらいまでの前期高齢者では、成人と同じ量の薬を使用しても問題はありません。しかし、肝臓や腎臓の機能は75歳くらいから急激に衰えますので、この頃より、薬の使い方を注意しなければなりません。

肝臓

 高齢者では、肝血流量が成人に比べて40%くらい低下しているといわれています。また、薬物代謝(分解)酵素の働きも悪くなっています。したがって、薬の作用が強く現れ、副作用が出てしまう危険性があります(図1)。

 アルコール類も肝臓で代謝されますので、薬物治療中にアルコールを摂ると、肝臓に負担をかけてしまいます。

図1:加齢に伴う薬物代謝(分解)酵素の減少を示す図。加齢に伴い、肝臓の重量(細胞量)の減少、薬を肝臓へ運ぶ肝血流量の減少、薬を分解する酸素活性の低下、薬を排泄する胆汁流量の減少が見られる。

図1:加齢に伴う薬物代謝(分解)酵素の減少

腎臓

 薬の排泄能力の指標として、クレアチニンクリアランスという検査があります。この値は、80歳の高齢者では30歳の成人に比較して約50%になります。したがって、腎臓の機能が正常でも、高齢者では薬の排泄能力は低下していると考える必要があります(図2)。

 腎機能が悪い場合には、より注意して薬の使い方を考える必要があります。

図2:加齢に伴う薬の排泄能力の低下を示す図。加齢に伴い、尿を作る能力が低下するとともに、薬を腎臓へ運ぶ腎血流量が減少する。

図2:加齢に伴う薬の排泄能力の低下

薬物血中濃度の測定と解析の一例

 MRSA感染症(抗生物質が効きにくい細菌による感染症)では、塩酸バンコマイシンという抗生物質を使用します。

 この薬は、高齢者や腎機能障害者では血液中の薬の濃度が高くなりやすく、腎機能障害などの副作用が心配されます。一方、ある程度、薬の血液中の濃度を上げないと効果が現れないため、慎重に薬の使い方を検討しなければなりません。実際の症例を以下に示します。

 塩酸バンコマイシンは、点滴直前の血中濃度がいちばん低いところ(トラフ値)が 10μg/ml、点滴終了後1~2時間の血中濃度がいちばん高いところ(ピーク値)が25~40μg/mlになるように、薬の量や点滴を行う間隔を調節して使用します。

症例

MRSA肺炎80歳男性 血清クレアチニン 0.9 mg/dl 体重 55 kg

1.初期投与設計

 患者様の年齢、性別、体重、血清クレアチニン値をもとに、ノモグラムという計算尺により、1日に使用する塩酸バンコマイシンの量を求めたところ、790mg/日となりました。高齢であるため、朝1回、750mgを1時間かけて点滴することにしました。

2.血中薬物濃度の測定・解析

 塩酸バンコマイシン開始3日目に血液中の薬物濃度を測定したところ、トラフ値が 5.4μg/ml、ピーク値が 22.3μg/mlでした。これをもとに解析し、1回の使用量を1,000mgに増量することにしました。その結果、トラフ値が 8.2μg/ml、ピーク値が30.8μg/mlと適切になり、副作用もなく症状は改善しました。

写真:血中薬物濃度の測定・解析作業風景

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください