健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

老人保健施設(介護老人保健施設)

老人保健施設(介護老人保健施設)と入所サービス

 医師、看護師、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士がいる老人保健施設(介護老人保健施設)は、介護保険の給付対象となる施設の一つで、「要介護者に対し、看護、医学的管理下の介護、機能訓練等の医療・日常生活上の世話を行うこと」を目的として、入所している要介護者に対してさまざまなサービスが提供されます。

 たとえば、要介護状態の原因となった脳血管障害、骨折、肺炎等の状態が落ち着いたので病院を退院することになったものの、まだ自宅で生活するには身体の状態が不安定であってもう少しリハビリテーションをすれば自宅に帰ることができる場合や、日常的にある程度の医療が必要な場合等に老人保健施設の利用が考えられます。要介護認定で要介護者と認定された場合、施設のケアマネジャーが作成するサービス計画に基づいて、入所してサービスが利用できます。

 居室定員は4人以下ですが、2人部屋や個室も多くあります。また、現在の老人保健施設は、居宅に近い居住環境で日常生活を営めるようにユニットケアを提供しています。

 平成27年には半数近く個室で生活することができています。施設に入所する利用者には、認知症の疾患をかかえている人が多く入所されています。そのため、老人保健施設には認知症専門棟で対応できる施設があります。認知症専門棟では、全室個室になっていることが多く、認知症専門のスタッフが多く配置されているため、安心して日常生活を送ることができます。

 なお、「老人保健施設」という名称は、介護保険法が施行されて以降は「介護老人保健施設」という名称に変わりました。現在、施設によっては「老人保健施設」、「介護老人保健施設」と名称が混在していますが、どちらも同じサービスを提供する介護保険の給付対象施設です。

ショートスティ・デイケアサービス

 介護老人保健施設では、このような入所して利用できるサービスに加えて、一時的に入所して、その間に要介護者のお世話をしている家族の方が休みを取ることができる短期入所(ショートステイ)(リンク1参照)や日帰りでリハビリテーションを利用する通所リハビリテーション(デイケア)(リンク2参照)といった介護保険の給付対象となるサービスが利用できます。

リンク1「短期入所療養介護(ショートステイ)」

リンク2「通所リハビリテーション(デイケア)」

費用負担

 これらのサービスを利用する場合、費用の9割又は8割は介護保険から給付されますが、利用者は残りの1割又は2割(要介護度(リンク3参照)に応じて異なります)を負担するほか、保険給付の対象とはなっていない居住費、食費、日常生活費を負担します。居住費は4人部屋かユニットケア個室かなど、居住環境に応じてそれぞれの施設が設定しています。低所得者の方の利用を妨げないために、世帯の所得に応じて居住費、食費を減額するための制度(特定入居者介護サービス費)が設けられています。

リンク3「介護度」

入所基準

 要介護度1以上の方が入所可能な施設です。医師が常駐しており、看護師が日中・夜間24時間体制で管理しているため、医療依存度の高い方(胃瘻・褥瘡・酸素療法・酸素吸入)でも安心して入所することができます。介護老人保健施設では、医療費が施設負担になるため、内服薬が多い人や、高い医療処置材料を使用しなければいけない場合には断られるケースが多いです。入所する前には医師へ相談していくことで解決できることもあります。

職員体制

 職員としては、入所者数が100人あたりで、常勤で医師が1人以上、看護師が9名以上、介護職員が25名以上、リハビリ職が1名以上必要となります。

 利用を希望する場合は、直接施設に問い合わせても結構ですが、市役所・町村役場、近隣の地域包括支援センター(リンク4参照)でも相談に応じています。

リンク4「地域包括支援センター」

このページについてご意見をお聞かせください