健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

介護保険の福祉用具:移動用リフト

公開日:2019年2月13日 16時10分
更新日:2019年6月27日 10時25分

移動用リフトとは

 移動用リフトとは、ベッド上から車いすへの移乗などの際に、要介護の方の体を持ち上げて移動する目的で使用されます。

 要介護の方が、ご自身で起き上がれる、ベッドの端に座ることが出来る、支えがあれば立ち上がれるなどの状態であれば、特に使用する必要はありません。しかし、例えば特殊寝台等で「起き上がる」という動作を助けたとしても、ご自身でベッドから降りて車いすへ移乗できない場合、介護者が抱えて車いすへ移乗する必要があります。

 これを繰り返すと、介護者の方は腰を痛めてしまうことがあります。一般に、人が持ち上げることが出来るのは、20~30㎏程度といわれています。つまり、1人の介護する方が1人の要介護の方を持ち上げることは困難であり、介護する方だけではなく、要介護の方にも「ベッドからの転落」や「車いすに(安全に)移乗できない」などの問題も発生します。

 さらに、自宅での介護中に、介護者の方がケガをする(腰を痛めることも含む)ようなことがあれば、お互いのQOL(生活の質)が低下してしまい、自宅で安全に生活することも、難しくなってしまいます。

移動用リフトの種類

 自分で身体を動かすのが難しい要介護者の移動を補助し、介護者の負担を軽減するのが移動用リフトです。介護保険の対象となる移動用リフトには、いくつかのタイプがあります。

床走行式リフト

 移乗を介助するもっとも手軽な機器は床走行式のリフトです(写真1)。

写真1:床走行式リフト

 上下の動きは油圧、空気圧、水圧を使用したポンプの動きにより、コントロールされます。水平方向の移動は台車にキャスタ輪がついており、これを介助者が押して移動させます。このリフトは、床などに固定する必要が無いため、取り付け工事は不要です。多くの場所で利用することができます。

 ただし、いくつかの点で、家屋の改造が必要です。例えば、

  • 畳の上では使用しにくいため、フローリングの床にする必要がある
  • 移動する範囲に、段差が無いようにする
  • ベッドの脇で回転させられるだけのスペースを確保する

 床走行式リフトは、安定性を維持するため、台車の面積が比較的大きく、移動のスペースも広く必要です。また入浴用に使用するには、浴槽までの移動経路を平坦にすることと、浴槽の下にキャスタ輪が入るスペースを作る必要があります。

 シート状の吊り具は、「しきこみ」が容易ではないため、熟練するまで時間がかかり、使用方法について指導を受ける必要があります。しかし、ベッドから車椅子への移動には、介護者が1人で可能であり、介護者が高齢な場合や、介護者と要介護の方の体格差が大きい場合、腰痛がある場合などには、有効な道具となります。

天井走行型リフト

 天井走行型リフトは、天井にレールを設置し、レール上を走行するクレーン型のリフトです。電動または手動で、ベッドからの昇降動作や、レールに従った移動ができます。

 日本では家屋の特徴として、比較的狭い部屋が多いことや、畳の生活であること、天井の高い家屋が少ないことなどから、床走行式リフトよりも適している場合があります。

 しかし、このタイプのリフトを設置するには、使用場所までレールを設置しなければならず、大がかりな住宅の改造が必要となり、費用が非常に高額となります。レールを設置するために、新たに柱を立てるケースもあります。

据置式リフト

 据置式リフトは、寝室のベッド上にやぐらを組み、本体部分が上のレールに沿って移動してきます。取り付けられているハンガーによって身体を吊り上げ、車いすへの移乗や、簡易トイレなど部屋内を移動することができます。

 部屋の内に取り付けをするため、家屋改造の必要がありません。簡単に取り付けが行えるため、必要な場所に必要な時に取り付けすることができます。

 一方で、ベッドを中心とした位置でレールが固定されるため、移動できる範囲が限られています。ベッドから、ベッドサイドに置いた車いすや簡易トイレへの移動として、利用できます。

 尚、据置式リフトの中には、やぐらの脚を部屋の四隅に立て、リフトの本体がレールに沿って横に移動する動きと、レール自体が縦に移動するタイプもあります。この場合は、部屋の中で4方向の移動ができ、移動範囲を部屋全体とすることができます。

介護保険の利用について

 介護保険の要介護認定を受けている場合、移動用リフトは介護保険を利用することで、1割負担で貸与できます。しかし、65歳以上で現役並みに所得がある利用者の自己負担は2割又は3割となります。

 また、移動用リフトは、「つり具」の部分は別に用意する必要があります。「つり具」の部分は、要介護の方の体格に合ったもので、移動用リフトに適合するタイプのものを、別途、「特殊福祉用具」として、介護保険を利用して、購入することができます。

参考文献

  1. JASPA介護リフト普及協会 介護リフトについて基礎知識(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  2. JASPA介護リフト普及協会 介護リフトについて導入のメリット(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  3. 公益財団法人テクノエイド協会 介護保険給付福祉用具情報 貸与12.移動用リフト(つり具の部分を除く)
  4. 厚生労働省 社保審-介護給付費分科会 第141回参考資料1 福祉用具貸与(PDF)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  5. 平成30年度介護報酬改定における各サービス毎の改定事項について 16.福祉用具貸与 P153-158(PDF)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください