健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

慢性肝炎

公開日:2017年6月30日 10時05分
更新日:2019年2月 1日 19時31分

慢性肝炎とは

 慢性肝炎は、B型あるいはC肝炎ウイルス、アルコール(毎日5合、10年以上の飲酒で肝硬変になると言われています)、常用薬剤により、肝細胞が持続的に破壊され炎症が引き起こされるためにおこります。

慢性肝炎の症状

 慢性肝炎の自覚症状としては倦怠感、微熱などで、無症状にて健診などの採血で発見される場合もあります。血清学的データにおいても急性肝炎と比べてトランスアミナーゼ値の異常は比較的軽度で、300~500IU/ml程度の場合がほとんどです。

慢性肝炎の診断

 慢性肝炎の診断は、薬歴、飲酒歴の聴取や肝炎ウイルスの血清学的マーカーの検索によって行います。

慢性肝炎の治療

 慢性肝炎の治療は、B型肝炎による場合は、インターフェロンの注射、ラミブジン(エイズにも使用します)の内服、C肝炎ウイルスの場合はウイルスのタイプと量にもよりますが、リバビリンの内服+ペグインターフェロンの注射を使用します。

 しかし、ラミブジンは長期使用による耐性株の出現が問題となっていますし、肝炎ウイルス除去を目的としたインターフェロン療法は、その副作用の多さ(発熱、食欲減退、汎血球減少など)や治療が長期にわたることなどから高齢者に対する適応は慎重とすべきで専門家に相談する必要があります。

 これらの治療が適応外の場合は、強力ミノファーゲンCなどの肝庇護剤を使用します。

慢性肝炎の予後

 慢性肝炎は、将来的に肝硬変に移行したり、肝臓癌を合併する場合があるので、採血、腹部超音波やCT検査などによる画像的な定期的経過観察(年3~4回)が必要となります。

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください