健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

言語能力の加齢変化

公開日:2019年8月 9日 10時00分
更新日:2019年7月26日 14時57分

 人は誰かとコミュニケーションを取るとき、相手の言葉を理解し、自分の意思を言葉で伝えようとします。この能力を「言語能力」といいますが、言語能力には加齢による変化があります。

言語能力を司る脳

 私たちの言語能力には、3つの役割があると考えられています1)

  1. 何かを創造すること、何かを理論立てて考えること
  2. 感情や気持ちを表すこと
  3. 自分の創造や考え、感情や気持ちを誰かに伝えること(コミュニケーション)

 言語能力は、生まれたばかりの赤ちゃんには十分に備わっていません。言葉を話せるようになるまでには、不快な気分を誰かに伝えるために「泣く」という行動を取ります。幼児になってある程度言葉が出るようになっても、はっきりと聞き取れるようになり、自分の考えを相手にしっかり伝えるようになるまでには、さらに数年かかります。

 子供は、身近な人との会話や、生活する上で耳にする言葉から言語を獲得します。だんだんと使える言語が増えてくると、新しいことを知り、表現の仕方が複雑になり、考えながら会話をしたりするようになります。

 これらを司っているのは、脳にある言語中枢と呼ばれる部位です。言語中枢は二つあり、一つは「ブローカー野」、もう一つは「ウェルニッケ野」と呼ばれています(図1)2)

図1:脳の言語中枢のブローカー野とウェルニッケ野をしめす図
図1:脳内の言語中枢

高齢による言語能力の変化

写真1:加齢による言語障害をあらわすイラスト

 言語能力は、記憶、見当識、遂行機能などと合わせ、「認知機能」とされています。高齢になると、こうした各機能は徐々に衰えてきます。特に記憶については、少し前のこと(短期記憶)が記憶できなくなってきます。また、遂行機能が衰えてくると、行動の目標を立てて実行することや、状況に応じて行動を調節することが難しくなってきます。しかし言語能力については、状況に応じて変わってきます2)

 例えば、脳疾患を経験し言語中枢に障害を受けた場合は、年齢に関わらず「失語」の状態になります。また、何らかの疾患などにより構音器官に障害を受けた場合にも、上手く言葉を発することができなくなります。

 しかし、こうした既往がなく、軽度認知障害や認知症が無い場合は、言語能力は比較的保たれているといわれています。過去に行われた研究などからは、言語能力は70歳前後までは保たれているといわれていますが、その後は言語に対する理解力が徐々に低下します。しかし、記憶力や物事の処理速度が低下することと比べると、言語能力は保たれていることが分かっています3)4)

失語2)

 言語能力を失い、言葉が出なくなる、会話が成り立たなくなることを「失語」といいます。失語には、運動性失語と感覚性失語、その他の失語があります。

運動性失語

 脳内の「ブローカー野」が障害を受けたときにみられる失語です。言葉を理解している、言いたいことも考えられているにも関わらず、上手く「言葉」として表現できない状態です。例えば、りんごを見た時に、それが「りんごである」と理解はしていますが、「りんご」という発語ができません。

感覚性失語

 脳内の「ウェルニッケ野」が障害を受けたときにみられる失語です。流暢な言葉を発することはできますが、言葉の意味を理解できない状態です。例えばりんごを見た時に、それが「りんごである」ことが分かりません。しかし流暢に言葉を発することはできるため「これは何ですか?」と聞かれると「今日は雨が降りそうですね」など、まったく違うことを返したりします。

その他の失語

 失語症にはその他にも、いくつかのタイプがあります。

  • 全失語:運動性失語と感覚性失語が合併した状態です。
  • 伝導失語:言葉を理解できていても、復唱することが難しい状態です。
  • 健忘失語:物の名前などが思い出せない状態です。

構音障害5)

写真2:構音障害をあらわすイラスト

 失語症とは区別される障害として、構音障害があります。これは、言葉を発するための器官(構音器官)が障害されることによって起こります。

 構音器官とは、口から喉までの器官です。喉の奥にある「声帯」を、呼吸によって震わせることで、音を出します。音は、喉から鼻や口までにある「腔」で共鳴して大きな声となり、下や口唇の動きによって特徴的な「声」になります。

 この過程のどこかが障害されると、はっきりとした声になりません。例えば声帯が上手く動かなくなればかすれた声(嗄声:させい)になりますし、口唇が上手く動かなければ声は出ていても「言葉」として相手に伝えることができません。

 構音障害は、失語のうちの「運動性失語」と似ていますが、脳の障害なのか構音器官の障害なのかによって、区別されています。構音障害は、言葉を上手く発することが難しくなっても、言葉の理解はできているため、筆談でコミュニケーションを取ることはできます。

参考文献

  1. 文部科学省 資料5 言語能力について(整理メモ)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  2. 一般社団法人 日本老年医学会(編):老年医学系統講義テキスト.初版,西村書店,東京都,2013年, P104
  3. 西田裕紀子 中高年の知能の加齢変化 老年期認知症研究会誌第21巻:老年期認知症研究会(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  4. 中川 佳子, 小山 高正 高齢者の文法障害:加齢と知的機能障害による言語性能力への影響 高次脳機能研究 (旧 失語症研究)25巻2号(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  5. 坂井建雄ら(編):カラー図解 人体の正常構造と機能.第2版,日本医事新報社,東京都,2014年,P12

このページについてご意見をお聞かせください