健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

上肢の骨折のリハビリテーション

公開日:2016年7月25日 13時00分
更新日:2019年6月21日 12時52分

 高齢者は骨が脆弱で転倒しやすいため若い人と比べて骨折を起こしやすいといわれています(リンク1参照)。

 様々な骨折が起きますが、高齢者の上肢の骨折の代表的なものの一つに橈骨(とうこつ)遠位端骨折があります。

 この骨折は手首(手関節)の骨折で前腕の2本の骨(橈骨と尺骨)の親指側の橈骨の先端に骨折が起こるものを指します。前方向につまづいたり、しりもちをついた時や転落の際に床に手をつくなどした時に起こる骨折としてよく見られます。

リンク1 「骨折」

治療

 症状として手首(手関節)の疼痛や腫脹(しゅちょう:はれ上がること)や変形がみられ最終的にレントゲンで診断をします。

 レントゲンでの骨折部分の転位(ずれ)や粉砕の程度を評価して治療法が決定します。重症の場合は金属のプレートやピンを用いた手術が必要となることがあり、転位が少なく安定している場合はギプスによる保存的療法(手術をしない)を行ないます。

ギブスによる保存的療法

 ギプスは通常手から肘下あるいは肘上までの固定をします。骨折の状態により期間は変わりますが、手関節あるいは肘関節までを骨折が固まる(骨癒合)まで約1ヶ月は固定することになります。

 ここで注意しないといけないのは関節は動かさないことによって固くなる(拘縮・こうしゅく)ということです。関節の柔軟性が失われ、本来動くべき関節の可動範囲が狭くなります。

 運動不足で身体が固くなることは良く知られていますが、正常の関節でも3日動かさないことによって関節の固さが生じ得ると言われています。ギプスを巻いた時から関節が固くなるメカニズムは始まります。

 骨折した部分は骨癒合まで安静にしなくてはならないのですが、多くの方が指や肘や肩といった関節まで使わなくなり安静の必要の無い関節にまで拘縮を残してしまうことがよく見受けられます。骨折のリハビリテーションはこの余分な拘縮を防ぐことから始まります。

リハビリテーション

 ギプスで固められていない指の関節や肩を出来るだけ動かすように心がけましょう。痛みに我慢できる範囲で良い方の手を使って指の関節の曲げ伸ばしの運動を行います。

 また上肢全体を振り子のように揺らして肩の関節を動かすようにします。体を傾けることによってより広い範囲での肩関節の運動が可能になります。

 骨癒合が終了してギプスが外れたら本格的なリハビリテーションが始まります。ギプスを外した直後には手首は殆ど動かず固まった状態となり手も腫れている状態ですが、手関節の曲げ伸ばしの運動を少しずつ行っていきます。ある程度の痛みを伴いますが手関節を温めながら柔軟性を取り戻していくことがリハビリテーションの中心となります。柔軟性が戻ってきたら筋力訓練を行って握力を戻していきます。

 リハビリテーションを行って手の機能を回復させるにはかなりの時間を要します。重症度により異なり個人差もありますが3ヶ月〜6ヶ月を必要とする方が多いです。訓練は主に作業療法士(リンク2参照)が行います。疑問な点は気軽に質問をしてください。

リンク2 「作業療法士」

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください