健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

高齢者リハビリテーションの理念

公開日:2016年7月26日 00時00分
更新日:2019年6月21日 12時50分

 高齢者リハビリテーションでは、単に高齢発症による疾患の障害に対応するだけでなく、高齢者特有の特性を理解して、リハビリテーションを行う必要があります。

 高齢者では、身体的および精神的な機能の回復を最大限に図り、可能な限り独立して生活しうる能力を取り戻すことが目標となります。

 このために高齢者リハビリテーションでは、第一に寝たきりや要介護状態を予防する予防的リハビリテーション、第二に疾病の治療とともに早期に開始される急性期リハビリテーション、第三に急性期から機能回復を目指した回復期リハビリテーションへのスムーズな移行、第四に地域との連携が重要で、維持期リハビリテーションが必要となります。

高齢者の残存機能を引き出し、自立生活した生活を目標とします

 従来の医療は、臓器疾患の治療を第一義的に考えた延命のための医療が中心で、急性期疾患の治療や救命に多大な貢献を果たしてきましたが、高齢者医療ではこの先進的臓器別診療では高齢者の尊厳を損なう場合すらあります。

 たとえば高齢者医療では臓器別治療で単一の疾患の治療に専念するばかりに、関節がかたくなったり、筋力低下などを引き起こし、かえって生活機能低下をもたらし、疾患は治ったが自宅での自立した生活ができなくなるという高齢者にとって不幸な事態を生じることがあります。

 そのためには高齢者のQOL(Quality Of Life:クオリティオブライフ=生活の質)の向上を目指し、自立した生活を送ることに目標とする医療の必要性が問われるようになっています。

予防医学としてのリハビリテーションを重視する

 高齢者が障害に悩まされることなく、老後活力のある生活を送れるようにするためには、特に75歳以上の後期高齢者に発症する疾患や障害の発症をいかに予防していくかが特に重要な課題となります。

 現在、要介護者の原因としては、脳血管疾患(リンク1・2・3参照)、高齢による衰弱、転倒(リンク4参照)・骨折、認知症(リンク5参照)が頻度の高いものであり、これらを予防することが、要介護状態を予防することになります。

リンク1 「脳血管障害の理学療法」

リンク2 「脳血管障害の作業療法」

リンク3 「脳血管障害の言語療法」

リンク4 「高齢者の転倒予防」

リンク5 「認知症に対する非薬物的療法」

高齢者の特性を踏まえたリハビリテーションの必要性

 高齢者の疾患は、多臓器にわたる疾患が認められ、症状が非定型的であり、慢性化しやすく、機能障害につながりやすく、合併症を併発しやすい。そして社会的要因や環境により症状が変動しやすい。高齢者は、複数の慢性疾患をかかえている可能性があります。

 医療技術の進歩により、数々の病気を早期に発見、治療できるようになったが、すべての疾患を完全治癒に持っていくことが困難な場合が多いのです。疾病を根治するのではなく、慢性疾患を持ちながら、自立した生活を維持することも大切です。

高齢者リハビリテーションでは、特有の疾患を対象とします

 老化により、骨関節・筋などの運動器、呼吸・循環器系、神経系、精神機能、代謝機能など多くの臓器に形態的変化と機能的変化をもたらします。これらのことが、高齢者に特有の疾病を発症させることになります。

 具体的には、脳血管障害、認知症、パーキンソン症候群(リンク6参照)を中心とした中枢神経障害、転倒(リンク7参照)による大腿骨頸部骨折、脊椎圧迫骨折、変形性関節症、変形性脊椎症、骨粗鬆症などの整形外科疾患、肺炎や慢性呼吸不全などの呼吸器疾患、心筋梗塞や胸部手術後、血管手術、悪性腫瘍などの腹部手術後、糖尿病による神経障害もリハビリテーション対象疾患として多くみられます。

リンク6 「パーキンソン病のリハビリテーション」

リンク7 「下肢の骨折のリハビリテーション」

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください