健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

慢性呼吸不全のリハビリテーション

公開日:2016年7月25日 15時00分
更新日:2019年5月29日 11時09分

 慢性呼吸不全の方では、呼吸機能をおもに担う横隔膜の働きがだんだん弱くなり、胸式呼吸による浅い呼吸に頼っていることが多く、呼吸の効率が低下しています。

 腹式呼吸の練習の目的は、弱っている横隔膜の働きを回復させ、効率良く呼吸することです。横隔膜をゆっくり大きく動かすことにより、酸素を効率良く取り入れることができ、楽に息をすることができるようになります。(リンク1参照)

リンク1 「慢性閉塞性肺疾患」

呼吸訓練

1. 口すぼめ呼吸

 口をすぼめて、"フー"または"ファ"という音をさせながら、ゆっくりと息を吐く。1分間に10回呼吸するのを目標にしてゆっくり吐かせます。

2. 腹式呼吸の練習

 全身の力を抜いてあお向けになり、楽な姿勢をとります。片手を胸部にもう一方の手を腹部の中央に置く。口を閉じて、鼻で息を深く吸い込みお腹をできるだけふくらませます。手でお腹を押し上げながら口をすぼめて、ゆっくり息を吐き出します。また、抵抗運動として、お腹の上に本や砂袋などの重たいものを乗せたり、立った状態で肋骨の下に帯を巻き付け、息を吐く時、帯を締めるようにして腹式呼吸を行うこともします。

運動療法

1. 胸郭可動域の拡張

 胸の動きが制限されていると、呼吸運動に伴う酸素の消費量を増大させることになり、疲労や息切れを悪化させます。理学療法士(リンク2参照)が手を用いて胸の動きを改善させたり、ストレッチングを行います。

2. 歩行

 慢性呼吸不全のリハビリテーションとしては歩くことから始めます。家にこもりがちになりやすいので、積極的に外出するように心掛けます。呼吸と歩調を合わせながら、ゆっくりと息切れしないで歩けるペースをつかみます。3歩進む間に息を吸い、5?6歩進む間に息を吐き出すようにします。階段や坂道を昇る時は、まず立ち止まって息を吸い、息を吐く時に昇るようにします。

3. 腹筋筋力強化

 腹筋の筋力を強化すると呼吸しやすくなります。腹筋運動として、あお向けに寝て上体をおこします。ひざ曲げ運動として、あお向けに寝てひざが胸につくように、左右の足を交互に持ち上げます。足や体を起こす時に息を吸い、戻す時に息を吐きます。

4. 座位での体操

 座位での体操として、両肩の上げ下げ、首を回す、上体を左右に曲げる、上体を回す、上体を前後に曲げる運動を行います。

5. 全身持久力トレーニング

 下肢の運動で、全身持久力を向上させるには、平地歩行、20cmの高さの踏み台昇降、階段昇降があります。"自転車エルゴメータ"や"トレッドミル"を用いて決められた負荷量でトレーニングを行う方法もあります。

リンク2 「理学療法士」

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください