健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

規則正しい食事

規則正しい食事は健康長寿の秘訣です

食生活習慣と健康

 百寿者に対しもっとも気をつけている食習慣について尋ねると、1日3回規則正しく食事をしている、腹八分に心がけている、バランスよく食べている、などの答えが返ってきます。その他に野菜を多く食べる、肉より魚を多く食べる、よく噛んで食べるといったことがあります。

 これらの食生活習慣、とりわけ1日3食の規則正しい食事と健康との間にどのような関係があるのでしょうか。まずは、朝・昼・夕の食事の特性についてみてみましょう。

朝・昼・夕の食事の特性

 前日の夕食から8時間以上経過した朝は、体温も低く、意識もぼんやりしています。こうした身体に対し、朝食は脳の活動に必要なブドウ糖を補給して、脳の働きをよくします。また、熱産生が高まり、体を芯から温かくして「やる気・がんばる気力」をもたらします。

 一方、朝食から5時間以上も経過すると、さまざまな日常の生活活動によってエネルギーが消費され、スタミナ切れの状態になりやすくなります。その結果、踏ん張りがなくなったり、集中力を欠いたりして仕事の効率が低下します。昼食によってエネルギーや五大栄養素を補給されると、身体は円滑な活動を持続するのです。

 さらに、夕食は1日の活動によって消耗した体力を補ったり、脳の疲労を回復させ、質の良い睡眠をもたす効果もあります。

無意識に摂っている食事にも役割

 このように普段あまり意識せずに摂っている食事にも役割があります。また、それぞれの食事によって得られる栄養素にも重要な役割があります。

 例えば、穀類はエネルギー源であり、肉や魚、豆類は血液や筋肉をつくります。また、野菜や果物は体の調子を整え、牛乳や小魚は骨や歯をつくる、等です。

規則正しい食生活とは

 誤解のないようにふれておきますが、規則正しい食生活とは朝昼夕の食事を単に決まった時間にとる、ということだけではありません。食事のバランスを整え、腹八分の食事を心がけること、ゆっくりとよく噛んでたべること、そして、何よりも生きる意欲をもって楽しく食べることなどの要素が含まれています。

 規則正しく食事しても、菓子パンやスナッック菓子だけではバランスをとることはできず、免疫力や体力は高まりません。また、肉類の過剰摂取や野菜類の少ない食事でもバランスはくずれてしまいます。

 腹八分の食事の意味は、高齢者は少ない食事でよいと言うことではありません。余分に摂らないようにということであって、食事をとらなかったり、量を減らし過ぎては健康は保たれません。

 70歳以上の高齢者の1日に必要なエネルギー量の目安は、男女とも1,600から2,000kcalであり、この量は1日3食きちんと食事を摂らなければなかなか満たすことができないものです。

 あなたも規則正しい食事で健康長寿を全うしましょう。

このページについてご意見をお聞かせください

関連記事