健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

高齢者の摂食・嚥下(えんげ)機能に影響する要因

高齢者の嚥下機能

 摂食・嚥下(えんげ)とは、食物が認知され、口腔、咽頭、食道を経て胃に至るまでのすべての過程をいいます。摂食・嚥下障害とは、この一連の動作に障害があることです。

 誤嚥(ごえん)とは、食べものの一部あるいは全部が声門以下の気道に流入することをさし、飲食物・分泌物・胃内容物の誤嚥により起こる肺炎を誤嚥性肺炎といいます。

 日本の死亡原因の中で肺炎は、平成20年人口動態統計では、第4位ですが、高齢になるほど比率は上昇しています(参考1)。

 高齢者の肺炎には、摂食・嚥下障害が背景にあり、誤嚥性肺炎が多いと考えられます。高齢者では、一見食欲不振と思われる症状の背景に、誤嚥もしくは誤嚥性肺炎が潜んでいて、嚥下障害のために食事がとれない場合がありますので、摂食・嚥下障害の評価が常に必要です。

加齢による摂食・嚥下機能への影響(参考2)

 高齢者は、加齢とともに歯が欠損し、舌の運動機能が低下、咀嚼(そしゃく)能力が低下し、唾液の分泌も低下、口腔感覚の鈍化、塩味に対する味覚の低下などが生じて、咽頭への食べものの送り込みが遅れるような口腔での問題が生じます。

 また咽頭においても、喉頭(のどぼとけ)の位置が低下しているため、嚥下する時の喉頭挙上が不十分となり、上部食道括約筋を閉じている筋肉の機能不全も生じて、喉頭の閉鎖が不十分で誤嚥しやすくなります。さらに、咽頭収縮筋の収縮力が低下し、咽頭に唾液および食物が残留しやすくなり、誤嚥をきたしやすくなります。しかし、嚥下機能への加齢の影響は、個人差がみられ、高齢になっても嚥下障害がみられないこともあります。

嚥下機能に影響する薬物

 高齢者では、加齢に伴いさまざまな疾患の合併を伴います。その疾患の治療目的で、内服薬を飲んでいる場合も多く、これらの薬物が嚥下障害をもたらしている可能性もあり、注意が必要です。

 嚥下機能に影響する一番の内服薬は、脳機能を抑制する薬剤です。覚醒レベルの低下をまねき、誤嚥を誘発する抗精神病薬及び精神安定剤や、抗けいれん剤です。

 第二に影響するのは、比較的多くの薬剤にみられる口腔内乾燥をきたすものです。口腔内乾燥は、食べものの味覚を悪化させ、咀嚼機能の低下をもたらし、嚥下するまでの咀嚼回数は増加し、嚥下までの時間が延長します。たとえば利尿剤、三環系抗うつ剤、交感神経遮断剤、抗ヒスタミン剤、抗精神病薬がこれにあたります。

 第三に高齢者では、薬剤に対する副作用が出やすく、不随運動を生じて、摂食・嚥下機能を低下させることがあるので注意が必要です。代表的には、抗精神病薬や抗パーキンソン薬などがあります。

 その他、咽頭筋の収縮力を低下させる抗コリン剤、三環系抗うつ剤、Ca拮抗薬なども嚥下機能を低下させる薬剤です。

嚥下障害をきたす疾患

 高齢者に特徴的な食欲不振をきたす原因として、摂食・嚥下障害も症状のひとつであり、これらをきたす疾患は、数多く認められます。

 たとえば嚥下障害をきたす原因疾患として、脳梗塞・脳出血などの脳血管障害、パーキンソン病や重症筋無力症などの神経・筋疾患、炎症、腫瘍、中毒、外傷などがあり、食べ物が飲み込めなくなったり、誤嚥がみられます。

 嚥下障害をきたす疾患は、高齢になるほど合併することが多くなります。高齢者では、認知症との合併例が多く認められ、認知症状の進行とともに嚥下障害がみられることがあります。

参考文献

  1. 平成20年人口動態統計[年次別にみた死因順位](厚生労働省)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  2. 長屋政博:高齢者の摂食・嚥下障害 臨床看護 第35巻第4号:476-482,2009

このページについてご意見をお聞かせください

関連記事