健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

脂質異常症治療の食事レシピ

公開日:2016年7月25日 05:00
更新日:2019年2月 1日 17:43

脂質異常症の食事・食材・調理のポイント

脂質異常症の食事

 脂質異常症とは血液中の脂質、つまりコレステロールや中性脂肪の濃度が高まった状態のことです。

コレステロールが上がる原因

  • 遺伝的素質がある
  • 食生活や生活習慣による
  • コレステロールが上がる疾患がある

 この中で、一般的なものは食生活や生活習慣によってコレステロールを上がることがあります。食事からの摂取エネルギーを多くとりすぎると、肝臓で合成されるコレステロールが増えるので、血中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)も増えます。

 また、コレステロールを合成する材料は、脂質だけでなく、糖質も分解されて材料となるので、主食やお菓子、アルコールの過剰摂取もLDLコレステロールを増やす原因にもなります。

 食べ過ぎや飲み過ぎにより食事からコレステロールを摂り過ぎてしまうと、体内でコレステロールを合成する量を調整し、余分なコレステロールを体外へ排出しますが、コレステロールが高い食品ばかり摂り続けてしまうと、調整ができず、LDLコレステロールが増えていきます。

 なお、コレステロールが上がる疾患としては糖尿病、甲状腺機能低下症、閉塞性黄疸(肝臓の病気)、ネフローゼ症候群などが挙げられます。

コレステロールを下げる食事

総摂取エネルギーの適正化

 まずは、食事からの摂取エネルギーを適正にすることが重要です。 

摂取エネルギーの計算方法

適正エネルギー摂取量=標準体重×25~30kcal

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

栄養素配分の適正化

 普段の食事において、栄養バランスの良い食事を心がけます。

炭水化物 60%

 炭水化物はエネルギー源となる、ご飯、パン、麺類です。

 体重をコントロールするときは、主食量を減らすと減量効果が現れます。

ご飯の摂取カロリーの目安
  • ご飯茶碗に軽く1杯 100g=約160kcal
  • ご飯茶碗普通盛り1杯 150g=約250kcal
  • ご飯茶碗多め1杯 180g=約290lkcal

 また、うどん1玉、食パン6枚切り1枚、じゃがいも中1個が1食当たりの炭水化物の摂取目安量です。

たんぱく質 15~20%

 動物性肉より魚肉、大豆たんぱく質を多くとります。

 魚は1日1回主菜に、大豆、大豆製品は1日1回以上取り入れます。

脂肪20~25%

 飽和脂肪酸(動物性脂肪)を少なくし、植物性、魚肉性脂肪の良質の油を選びます。ショートニングやマーガリンなどトランス脂肪酸はLDLコレステロールを増やすので、摂取を控えます。

コレステロール 1日300mg以下

 鶏レバー、たらこ、マヨネーズ、卵・バターなどを使った料理や、菓子類を、今より減らします。

食物繊維 25g以上

 緑黄色野菜や淡色野菜、海藻、きのこ類など1日5品を目安に摂取します。

アルコール 25g

 アルコールの摂取は他の合併症を考慮する必要があります。

 アルコールを摂取すると食欲が増し、摂取カロリーが増えるので注意しましょう。

抗酸化作用のある食品と糖質の摂取制限

 抗酸化作用のあるビタミン(C、E、B6、B12、葉酸など)やポリフェノールの含有が多い野菜、果物などの食品を多く摂取する。

 ただし、果物の摂取量は1日80~100kcal以内が望ましい。

 中性脂肪が高い方は、糖分入り飲料やクッキー、せんべい、アイスクリームなど糖質が多い食品を控えます。

1日3食を規則正しく摂る

 食事は1日3食とし、毎日同じ時間帯に食事を摂るようにします。毎食のエネルギー量は朝:昼:夜を3:4:3の割合にするのが理想的です。夕食量が多くなってしまうと、肥満を招きます1)

脂質異常症における食事療法の基本

脂質異常症の食事療法の食材

  • 大豆、大豆製品
  • 良質の油
  • 緑黄色野菜や海藻、きのこ類

大豆、大豆製品

 大豆、大豆製品は「畑の肉」と呼ばれるほど、良質のたんぱく質を含んでいます。大豆たんぱくにはLDLコレステロールを減らす働きがあります。また大豆イソフラボンにはLDLコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。1食あたりの摂取目安量は納豆1パック、豆腐・厚揚げ1/3丁、大豆水煮50g、豆乳コップ1杯です。

 魚には良質な脂質であるオメガ3脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペタエン酸)を含んでいます。これらはLDLコレステロールや中性脂肪を減らし、血栓の形成を抑えます。

 あじ、いわし、さば、さんまなどの青魚やかつお、まぐろなどの赤身魚、魚のかまの部分に多く含まれます。1食当たりの目安量は80gです。

良質の油

 LDLコレステロールを下げる働きがある油はオレイン酸を含むオリーブオイルやキャノーラ油(菜種油)などです。大豆油やごま油、サフラワー油もLDLコレステロールを下げますが、摂り過ぎると善玉であるHDLコレステロールも減らしてしまいます。

 ただし、良質の油でも脂質は1gあたり9kcalとカロリーが高いので、使いすぎには気をつけます。調理油の1日の目安量は大さじ2杯(1人分)です。

緑黄色野菜や海藻、きのこ類

 食物繊維が多く、体内のコレステロールの吸収が抑えられ、排泄が促されます。

 緑黄色野菜にはβ-カロテンやビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化作用成分は、LDLコレステロールの酸化を抑えてくれます。

 これらは低カロリー食材なので、たくさん食べても肥満の原因にはなりにくく、さらに満腹感を与えてくれるので、食べ過ぎを防げます。1日の目安量1日350gです。

脂質異常症の食事療法の調理のポイント

油を控える

 蒸す、煮るなど油を使う量が少ない料理にし、低カロリーの食事にします。

低カロリーの食材を利用する

 きのこ類、海藻類を使用して、ボリュームがあり、低カロリーの食事にします。

野菜は少し大きめにきり、固めに作る

 噛む回数が増えることで満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐことができます。

脂質異常症治療のレシピ

レシピ1 アスパラガスのおひたし

材料(2人分)

  • アスパラガス 4本 
  • かつお節 適量 
  • 醤油 適量 
  • 塩 少量

作り方

  1. アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、下の方の皮をピーラ―で剥き3cm幅に切る。
  2. 沸騰したお湯に塩を入れ、アスパラを茹で、ザルにあげる。
  3. アスパラを皿に盛りつけ、醤油をかけ、かつお節をのせて完成。

レシピ2 厚揚げのステーキ きのこソースかけ

材料(2人分)

  • 厚揚げ     1枚
  • まいたけ    50g
  • しめじ     50g
  • 和風顆粒だし  小さじ1/4
  • しょう油    小さじ1/2
  • 水       1/2カップ
  • 片栗粉     小さじ1
  • あさつき    1本

作り方

  1. 厚揚げは熱湯をかけ、油抜きをし、キッチンペーパーで水気を拭きとる。
  2. 厚揚げをトースターで両面に焼き色がつくまで焼く。
  3. まいたけ、しめじは軸を切り、ばらばらにほぐす。
  4. 鍋に水、和風顆粒だしを入れ、沸騰したら3を入れ、しょう油で味をつけ、水溶き片栗粉で、とろみをつける。
  5. あさつきは小口切にする。
  6. 厚揚げを6等分に切り、お皿に盛り付け、4をかけ、あさつきをのせる。

レシピ3 魚のロールキャベツ

脂質異常症の食事療法に適した食材を使ったレシピである魚のロールキャベツの写真。普段の献立では、脂質異常症の食事療法に適した大豆製品、きのこ類、魚などを用い栄養バランスの良い食事を心がけます。

材料(4人分)

  • 魚の切り身 40g×4
  • キャベツ 4枚
  • 人参 40g
  • さやいんげん 4本
  • 玉ねぎ 半分
  • こぶだし 約2カップ
  • A(酒 大1、しょう油 小2、塩 小1/2)
  • 小麦粉 適宜
  • つまようじ 必要量

※魚の種類はまぐろ、かじき、さけなどです。

作り方

  1. 魚はキャベツに包める位の大きさに切り、小麦粉をまぶしておく。
  2. キャベツ4枚をゆで、軸の部分をそぎとる。
  3. 人参は棒状に切り、玉ねぎは薄切りに、さやいんげんは2等分にする。
  4. キャベツをひろげ、魚、人参、玉ねぎ、いんげんを乗せ包みつまようじでとめる。
  5. 鍋に包んだロールキャベツを並べる。
  6. こぶだし(ひたひたになるくらい)、Aを加え20分程度アクをとりながら煮る。
  7. 煮えたら、食べやすくきり器に盛る。

参考文献

  1. 「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」2007年版 日本動脈硬化学会

このページについてご意見をお聞かせください