健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

サルコペニアは脆弱性骨折のリスクファクターか?

 加齢に伴う骨格筋量の減少(サルコペニア)が骨折リスクを増加させるか。この点を明らかにする目的で、GenevaRetirees Cohort(GERICO)研究に参加した913名の健常な地域住民(63 〜67歳)を平均3年間追跡した縦断データを用いて、複数のサルコペニアの定義と骨折との関連性が解析された。その結果、Baumgartnerの定義(高齢者サルコペニアに関する欧州ワーキンググループ報告1)のみが、有意に脆弱性骨折発生と相関した(オッズ比2.32, 95%信頼区間1.04-5.18, P = 0.040)

参考文献

Hars M et al. J Bone Miner Res 31.2048-2056, 2016

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.81

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.81(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください