健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

睡眠と認知症-短時間は発症リスク、長時間は前駆症状!?

 カロリンスカ研究所の研究者が、65歳以上の11,247人を17年間追跡し、睡眠のパラメーターと認知症発症(1,850例)との関連を調べた。対照群に比べた短時間(6時間以下)および長時間睡眠(9時間以上)群と遅い起床(午前8時以降)群のハザード比は、それぞれ1.40(95%CI:1.06-1.85)、1.11(1.00-1.24)、1.12(1.01-1.24)であった。もとの認知状態を考慮すると、短時間睡眠はリスク因子、長時間睡眠と遅い起床は前駆症状と考えられた。睡眠と認知症との時間的関連性が示された意義は大きい。

参考文献

Bokenberger K et al. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 72(1).134-139, 2017

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.81

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.81(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください