健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

低アルブミン血症では骨粗鬆症のリスクが高い

 低アルブミン血症と骨粗鬆症との関連は議論の多いところであるが、最近、米国国民健康栄養調査(NHANES)のデータを使用した大規模横断研究の結果が報告された。対象者15,539名の男女(平均48.6歳)において、血清アルブミン値(Alb)が低いほど骨粗鬆症(骨密度Tスコア-2.5 SD以下)の罹患率が高いことが示され、大腿骨頸部骨密度で評価すると、Alb 4 mg/dL以上の群に比較しAlb 3.5 mg/dL未満の群では、骨粗鬆症のオッズ比が5.37(95%信頼区間1.43-20.20, P = 0.014)であった

参考文献

  • Afshinnia F et al. J Clin Endoc rinol Metab 101.2468-2474, 2016

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.81

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.81(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください