健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

アルツハイマー病の海馬における睡眠時のてんかん様発作

 アルツハイマー病患者ではてんかん発作の発現確率が高いこと、また、病気の進行過程で、神経回路の過剰な興奮が起こる可能性が示唆されてきた。ハーバード大学Coleらは、アルツハイマー患者2名に対し、頭蓋骨の底面にある卵円孔より電極を挿入し、海馬付近の神経活動を直接的に測定した。その結果、睡眠時に通常の脳波計では測定できない神経の過剰な興奮が生じていることが示された。このような発作と病態との関連解明と治療への展開が期待される。

参考文献

Lam AD, et al. Nat Med 2017 ; 23 :678-680

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.83

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.83(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください