長寿科学研究に関する情報を提供し、明るく活力ある長寿社会の実現に貢献します。

沿革

公益財団法人長寿科学振興財団の沿革

年月沿革
平成元年12月 政府は長寿科学研究推進事業として、センターの設立・支援財団の設置等を決定
財団法人長寿科学振興財団設立
 初代会長   鈴木 永二
 初代理事長 佐分利 輝彦 就任
政府は「高齢者保健福祉推進十か年戦略」(ゴールドプラン)を策定
平成2年1月 昭和天皇1周年祭に当たり、天皇・皇太后陛下より昭和天皇の御遺産から御下賜金の賜与
平成2年4月 長寿科学研究センター創設準備室発足
平成6年12月 政府は、現行の「高齢者保健福祉推進十か年戦略」を全面的に見直し「新ゴールドプラン」を策定して、高齢者の介護対策の更なる充実を図ることとした
平成7年6月 二代会長 永野 健 就任
平成7年7月 国立療養所中部病院長寿医療研究センター開所(現:国立長寿医療研究センター)
平成9年10月 財団本部を、あいち健康の森健康科学総合センター内へ移転(旧本部は、東京事務所に組織変更)
平成10年10月 財団創立10周年記念式典挙行
平成11年12月 政府は高齢者保健福祉施策の一層の充実を図るため、「ゴールドプラン21」を新たに策定
平成12年1月 二代理事長 大谷 藤郎 就任
平成12年3月 国民的アイドルであった故成田きんさんのご遺族より、小渕総理大臣を通して御寄附を受納
平成13年4月 三代会長 奥田 碩 就任
天皇陛下より、香淳皇后の御遺産から御下賜金の賜与
政府は、「メディカル・フロンティア戦略」をスタート
平成15年10月 三代理事長 小林 秀資 就任
平成16年3月 国立高度専門医療センター(ナショナルセンター)として、国立長寿医療センター開設(現:国立長寿医療研究センター)
平成17年4月 「健康メディカル・フロンティア戦略」がスタート
平成18年6月 四代会長 柴田 昌治 就任
平成19年4月 「新健康フロンティア戦略」がスタート
平成22年3月 四代理事長 祖父江 逸郎 就任
平成22年6月 五代会長 渡辺 捷昭 就任
平成23年3月 東京事務所を本部へ統合
平成23年4月 公益財団法人へ移行