長寿科学研究に関する情報を提供し、明るく活力ある長寿社会の実現に貢献します。

高齢者・障がい者を含むすべての利用者への配慮

 長寿科学振興財団ホームページ(以下 財団HP)および健康長寿ネットは、高齢者や障がい者を含めたすべての利用者が支障なく利用できるよう、ウェブアクセシビリティ方針に基づき作成しております。

ウェブアクセシビリティとは

 ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障がい者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。

 インターネットの普及により、健常者と同様に高齢者や障がい者にとってホームページ等は重要な情報源となっています。しかし、情報を提供する側がウェブアクセシビリティに配慮して適切に対応していないと、ホームページ等で提供されている情報や機能が特定の人に利用できないという問題が発生いたします。そのため、そのような問題がおきないように、当財団はホームページ等をJIS X 8341-3:2016に対応すること等により、アクセシブルなホームページ等を作成いたします。

JIS X 8341-3:2016について

 ウェブアクセシビリティに関する日本工業規格である「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」は、ホームページ等を高齢者や障がい者を含む誰もが利用できる者とするための基準を定めた規格です。2004年に初めて公示され、その後2度の改正を経て、現在はJIS X 8341-3:2016として公示されています(2016年3月22日改正)。

一般財団法人 日本規格協会 http://www.jsa.or.jp(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

ウェブアクセシビリティ方針の策定及び見直しとJIS X 8341-3:2016に基づく試験結果

 当財団では、総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」を踏まえて平成28年4月にウェブアクセシビリティ方針を策定・公開し、「財団HPおよび健康長寿ネットについて、平成28年度末までにJIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠すること」を目指して取り組んでまいりました。

平成28年10月のリニューアル公開後に、第三者であるアライド・ブレインズ株式会社によるJIS X 8341-3:2016に基づく試験を実施し、財団HPが適合レベルAA一部準拠、健康長寿ネットが適合レベルA一部準拠との結果となりました。

JIS X 8341-3:2016 附属書JBに基づく試験結果(財団ホームページ)

 当財団では、上記の試験結果を踏まえ、平成29年1月にウェブアクセシビリティ方針の見直しを行い、以下のとおり公開いたしました。「財団HPおよび健康長寿ネットについて、平成29年度末までにJIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠すること」を目指して取り組んでまいります。

財団ホームページおよび健康長寿ネットのウェブアクセシビリティ方針(平成29年1月)

これまでの取り組み

リニューアルによるウェブアクセシビリティの確保

 平成27年度から28年度にかけて実施したリニューアルにおいて、以下のとおりウェブアクセシビリティの確保に取り組み、大幅な改善を実現しました。

  • 事業者選定前に、ウェブアクセシビリティ対応基準を整備し、リニューアル業務の仕様として業者に示しました。
  • 音声読上げソフトの利用者に画像の内容が伝わるように、ホームページ全体を対象に確認を行い、説明文(代替テキスト)の付与を徹底しました。
  • リニューアル事業者が作成するデザインや移行後のコンテンツについて複数回の検証を実施しました。
  • 総務省のチェックツールmiChecker基準による全ページを対象とした機械的な検証をリニューアル公開前に複数回実施し改善に取り組みました。
  • JIS X 8341-3:2016に基づく試験の実施し、要件への適合状況を確認しました。

第三者評価実施による品質の担保

 リニューアル前の事前調査、リニューアル事業者が作成したデザインや移行後のコンテンツの検証、総務省のチェックツールmiChecker基準による全ページを対象とした機械的な検証の実施、リニューアル公開後のJIS X 8341-3:2016に基づく試験の実施を、第三者であるアライド・ブレインズ株式会社に依頼し実施しました。

※アライド・ブレインズ株式会社は、下記の通りウェブアクセシビリティに関し多数の実績と専門的知見を有する事業者です。

  • JIS X 8341-3:2016改正原案作成分科会委員
  • 総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」改定を担当
  • ウェブアクセシビリティ基盤委員会WG委員
  • 第三者としてのウェブアクセシビリティ検証について多数の実績

アライド・ブレインズのウェブアクセシビリティ対応支援ホームページ(新しいウインドウが開きます)

今後の取り組み予定

定期検証とウェブアクセシビリティの向上

 今後のページ更新や追加によって高齢者や障がい者の利用に支障が生じることのないように、定期的に検証を実施し問題点の洗い出しと解消に取り組みます。

PDFファイルの使用について

 ウェブサイトで提供する情報はできる限りページ内にテキストで記載することとし、原則、PDFファイルはページ内に記載されている内容をより見やすくする目的や、より印刷しやすくする目的で使用します。

 情報の内容が膨大であるなど、ページ内に全て記述することが困難で、より詳細な内容を提供することを目的としてPDFファイルを掲載する場合は、その記事で最低限伝えるべき内容(PDFファイルの中身、募集内容・募集期間など)をページ内にテキストで記載した上で掲載します。

 PDFファイルを掲載する場合、原則テキストや情報が画像化されたものを使用せず、文字情報の入ったPDFファイルを掲載します(ページ内に同等の情報が記載されている上での印刷を目的とした掲載や、そのファイル自体が情報を伝えるものでない様式などの掲載の場合は除く)。

 何らかの事情により上記対応をおこなえない場合、ページ内で未対応である旨を明記するとともに、情報を得るための代替手段を記載します。

アクセシビリティ運営管理体制について

 健康長寿ネットのページには「このページについてご意見をお聞かせください」という欄が末尾につけられています。これは、健康長寿ネットに対する意見や要望などを簡単にページ作成の運営管理担当の部署に意見を送信できる機能です。また、財団HPについてはメール等にて運営管理担当の部署にページに対する意見や要望をお送りください。

 利用者様からお寄せいただいた内容はすべて目をとおし、特にアクセシビリティについての改善要望は最優先に対応するようにいたします。

運営管理担当部署

公益財団法人長寿科学振興財団 事業推進課

電話番号 0562-84-5411
ファックス 0562-84-5414
Email net2@tyojyu.or.jp

〒470-2101
愛知県知多郡東浦町大字森岡字源吾山1-1 あいち健康の森健康科学総合センター(あいち健康プラザ)4階