長寿科学研究に関する情報を提供し、明るく活力ある長寿社会の実現に貢献します。

入院時の検査値とバイタルサインによる入院死亡リスクの予測

 

公開月:2023年1月

 米国退役軍人局は入院時の検査値とバイタルサインに基づくFrailty Index(FI-LAB:31項目)を開発した。1,407名の入院患者(平均年齢72.7歳、男性96%)を対象に、FI-LABの入院死亡予測能を、慢性疾患や障害に基づくVA Frailty Index(VA-FI:31項目)と比較した。VA-FIは入院死亡を予測できない(c統計量0.48、P=0.744)が、FI-LABは高い精度で予測できた(同0.83、P<0.001)。FI-LABは入院死亡を防ぐための改善策実施に有用となる可能性がある。

文献

Ysea-Hill O, et al., J Am Geriatr Soc. 2022; 70: 3163-3175


以下をクリックすると機関誌の内容をご覧になることができます。

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health 2023年 第31巻第4号(PDF:5.3MB)(新しいウィンドウが開きます)

WEB版機関誌「Aging&Health」アンケート

WEB版機関誌「Aging&Health」のよりよい誌面作りのため、ご意見・ご感想・ご要望をお聞かせください。

お手数ではございますが、是非ともご協力いただきますようお願いいたします。

WEB版機関誌「Aging&Health」アンケートGoogleフォーム(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)