健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

介護保険の介護認定審査会とは

公開日:2018年12月18日 21時00分
更新日:2019年2月26日 09時39分

介護認定審査会とは

 介護認定審査会とは、市町村の附属機関として設置され、要介護者等の保健、医療、福祉に関する学識経験者によって構成される合議体です。複数の市町村が共同で設置することも可能です。

 委員は市町村長が任命する非常勤の特別職の地方公務員であり、任期は2年で、再任も可能です。委員には守秘義務が課せられます。

 介護認定審査会委員の構成や議決方法は、以下のようになっています。

  1. 委員の互選により長をおく。
  2. 委員の定数は5人を標準として、市町村が条令で定める数とする。
  3. 委員の過半数が出席しなければ、審議の開催や議決はできない。
  4. 議事は出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の場合は長が決する

介護認定審査会の役割

 介護認定審査会とは、認定審査委員会のメンバーが話し合って審査を行います。認定審査委員会のメンバーは、医療として医師や歯科医師・薬剤師、保健として看護師や保健師・歯科衛生士、福祉として介護福祉士や社会福祉士・介護支援専門員などの実務経験者が、市町村や関係団体からの推薦によって市町村長から任命されます。認定審査委員会が、認定調査(リンク1参照)に基づいた全国共通のコンピュータによる「一次判定結果」と「主治医意見書」(リンク2参照)をもとに申請者の要介護度を公平かつ公正に審査・判定します。

リンク1 介護保険の認定調査とは

リンク2 介護保険の主治医意見書とは

参考文献

  1. 介護支援専門員基本テキスト財団法人長寿社会開発センター
  2. 介護支援専門員試験対策標準テキスト改訂第2版秀和システム
  3. 新しい介護保険じほう

このページについてご意見をお聞かせください