健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

便秘

便秘の症状

 自覚症状としては、下腹部の不快感、膨満感(ぼうまんかん;膨れた感じ)、腹痛、吐き気、嘔吐(おうと)などの訴えが多いです。

 「便秘」をそのまま放置しておくと、糞塊(ふんかい;便が腸の中で固まってしまったもの)による腸閉塞や直腸潰瘍、そして虚血性腸炎などの合併症を引き起こすことがあります。

便秘の原因

 高齢者に起こる「便秘」は、加齢に伴う食事量やADL(日常生活動作)の低下、生理的機能の低下などの原因でおこります。

 便秘の原因となる加齢による生理的機能の低下は次の通りです。

  • 身体活動や食事摂取量の低下

    • 腸内容の減少、腸管壁への物理的 ・ 拡張刺激の減弱、腸局所血流の低下
    • 腸管の緊張や蠕動運動の低下
  • 腸管筋層の萎縮、結合織の増加

    • 大腸を支える組織の緊張・運動の低下
  • 大腸憩室の増加

    • 腸管壁緊張低下の助長
  • 腸の神経の変化

  • 腸管の分泌低下

    • 便硬度の増大
  • 腸がおならを吸収する機能の低下

    • 腸管内腔の拡張、腸がおなかの中で曲がる部分の異常
  • 直腸壁の感受性低下

    • 排便反射の低下 ~ 消失
  • 排便に関する筋力 (腹筋・横隔膜筋・骨盤底筋群等) の低下

    • 腹圧の低下、直腸と肛門の角度を保つ力の低下
  • 高齢者に多くみられる疾患との関連

    • 脳血管障害、肺気腫、心不全
  • 高齢者のライフスタイルと心理的要因

    • 少ない食事量
  • 繊維成分の少ない食事内容、水分摂取の低下、便意の抑制

  • 浣腸や下剤の習慣性

 このほか、消化管の癌、憩室炎などによる炎症性癒着など、器質的疾患による通過障害も「便秘」の一因となります。糖尿病、脳血管障害、甲状腺機能低下症といった全身疾患の部分症として「便秘」が出現することもあります。

 また高齢者では合併する心血管系疾患や消化器疾患、神経疾患などに対して治療薬が複数投与されていることが多く、薬剤が便秘の誘因となることもあります(薬剤性便秘)。

便秘の診断

 以下のうち2つ以上の症状があれば「便秘」と診断します。

  • いきみ
  • 兎塊状便または硬便
  • 残便感
  • 腸が詰まった感じ
  • 4回に1回以上は摘便(てきべん;肛門に手を入れて便をかきだすこと)している状況
  • 週に3回未満の排便

便秘の治療

 原因となる病気をもつ場合は、まず原疾患の治療を行います。それと同時に生活習慣の改善や食事・運動療法を試みます。

 薬剤性の場合、中止可能な薬であれば原因となる薬剤を中止します。無理であれば生活指導や食事療法とともに、適切な下剤を併用します。

便秘のケア・予防

 毎朝、便意がなくても一定の時間にトイレにいく等、排便の規則性をつけると良いでしょう。またウォシュレットで排便前に肛門マッサージを行うことが大変有用です

 適度の運動を毎日の生活リズムの中に組み込み、毎日、継続することを心がけましょう。運動により、腸の活動が活発になります。

 食生活では、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 食事は1日3回規則正しく食べる。 特に朝食を摂ることは腸を刺激し、排便を促します。
  • 水分を十分に摂る。 食事、食間の水分摂取のほか、起床時に冷たい牛乳や冷水をコップ1杯程度飲むのも水分補給と腸の刺激に有効です。
  • 食物繊維を多く摂る。
  • 食物繊維が水分を吸着し、便量を多くし、柔らかくして、便を排泄しやすくします。
  • 食事量を確保する。食事量不足は、便の材料不足による「便秘」の原因になります。
  • 食事には適度の油を取り入れる。油は腸での潤滑油となり、便を出やすくします。
  • 適度の酸味や香辛料で腸を刺激する

 たかが「便秘」、されど「便秘」。放置せずに素早く解消しましょう。

このページについてご意見をお聞かせください

関連記事