健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

骨粗鬆症

骨粗鬆症の症状

 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、「骨がもろくなって骨折しやすくなる病気」です。身体のほかの細胞と同じように、骨も実は毎日少しずつ入れ替わっています。うまく入れ替わるためには古い骨を壊し(骨吸収)、その分新しい骨を毎日造らなくてはいけません(骨形成)。骨の材料となるカルシウムや骨を造るためのホルモンが不足すると、新しい骨がうまく作られず、骨を壊す量の方が多くなってしまいます。そうすると、骨はどんどん中身がスカスカになり、もろく弱い骨となってしまうのです。

 骨粗鬆症そのものには自覚症状がありません。骨がもろくなっても痛みやその他の症状が出ないため、自分でも気が付かないうちに病気が進行していきます。骨が極端にもろくなると、骨折しやすくなります。知らないうちに背骨(脊椎骨;せきついこつ)が骨折すると、腰や背中が曲がった特徴的な体型となり、慢性的な痛みが出てきます。転倒などをきっかけに、椎骨だけではなく大腿骨などの大きな骨が折れることもよくあります。そのような場合には、折れた個所に激しい痛みが現れます。高齢者の骨折は寝たきりになる最大の原因であり、骨粗鬆症を治療することは非常に大切です。

骨粗鬆症の原因

 骨粗鬆症の原因は、骨吸収と骨形成のバランスが崩れることにあります。このバランスが崩れる原因には、骨のもととなるカルシウムの不足や骨を造るのに必要な女性ホルモンの不足、遺伝、生活習慣(栄養・運動不足、喫煙、飲酒など)、ある種の病気(糖尿病、ステロイド剤の投与など)が挙げられます。閉経後の女性に骨粗鬆症が多いのは、閉経による女性ホルモンの急激な低下のためであるとされています。

骨粗鬆症の診断

 骨粗鬆症かどうかを診断するには、レントゲン写真と骨量(骨密度)の測定を行います。レントゲン写真では、特に椎体や大腿骨などに骨折があるかどうかを確認します。それ以外の場所に怪我以外の骨折があるかどうかも重要なポイントです。骨量は、専用の機械を用いて背骨、太ももの付け根、足のかかと、手指の骨密度を測定します。

骨粗鬆症の治療

 骨粗鬆症と診断されたら、飲み薬や注射による治療を行います。骨粗鬆症の薬には、骨の吸収を抑える「骨吸収抑制剤」と骨の形成を助ける「骨形成促進剤」、また骨を造るのを助けるビタミンDなどがあります。どの薬を使用するかについては、年齢や病気の程度に応じて主治医が判断します。

骨粗鬆症の予防・ケア

 骨粗鬆症は、予防が肝心です。若いころからバランスの良い食事を心がけ、骨の材料となるカルシウムはもちろんのこと、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、骨を造るのを助けるビタミンK、リン、マグネシウムとともにタンパク質をしっかり摂りましょう。

 骨粗鬆症にならないためには、生活習慣も大切です。喫煙は、胃腸の働きを抑えてしまうのでカルシウムがうまく吸収できなくなります。またタバコを吸う女性の方は女性ホルモンが減ってしまうといわれています。タバコを吸う方は禁煙をお勧めします。アルコールは摂りすぎると尿と一緒にカルシウムが体外に出てしまいます。どうしても飲みたい方は適量に抑えましょう。

 適度な運動も骨を強くするには大切です。運動をすることで骨に負荷をかけると、骨を造る細胞が活発に働き始め、食事からとったカルシウムが骨の中にとどまりやすくなります。逆に骨に負荷がかからない状態が続くと、骨の中のカルシウムは溶け出してしまい、骨がもろくなってしまいます。

 さらにお勧めしたいのが、短時間(30~1時間程度)の日光浴です。ビタミンDは、日光に当たると体の中でも作られます。現代の女性は日焼けやシミなどを恐れて日に当たらないようにしている方も多いですが、骨の健康のためにはあまりよくありません。

 もうすでに骨粗鬆症と診断されている場合は、これ以上骨がもろくならないように主治医の指示通り飲み薬もしくは注射を行うと良いでしょう。骨粗鬆症の患者さんは非常に骨がもろく、ちょっとした怪我や転倒でもすぐに骨が折れてしまいます。特にご高齢の方は、ささいな段差やじゅうたんのヘリなどでもすぐに転んでしまいます。過度に飾りがついた洋服なども、引っかかると転倒やけがの原因になりますので、外出する際には履き物なども含め、安全な格好で出かけましょう。

このページについてご意見をお聞かせください