健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

神経変性疾患へのアンチセンスオリゴ治療のパワー

 今までは治療といえば酵素などの蛋白質を阻害する薬剤に頼るのが普通だが、例外的には遺伝子の直接的な変革による治療もあった。ところが最近、遺伝子と蛋白質のはざまで働くRNAに直接作用するアンチセンスオリゴで有効な治療効果が期待できることがわかってきた。まだマウスでの結果だが、脊髄小脳失調症のSCA2のアンチセンスで、このアタキシアのみならずTDP-43の変性凝集を呈する筋萎縮性側索硬化症(ALS)をも治癒できる。そんな可能性が開けた。SCA2のオリゴで2つの神経変性疾患を治してしまう。まさに一石二鳥の新戦略である。米国の西海岸の複数の研究施設からの報告。

参考文献

  1. Becker LA, et al. Nature 2017;544:367-371
  2. Scoles DR, et al. Nature 2017;544:362-366

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.84

このページについてご意見をお聞かせください