健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

末梢の自然免疫の記憶は脳の病変を制御する

 近年、獲得免疫系のみならず、病原体に対する初期防御を担う自然免疫系においても、免疫記憶が存在することが示された。免疫記憶には、免疫刺激に対しより強い炎症を引き起こす"トレーニング"と、反対に"免疫寛容"を示す2種類が存在する。今回、末梢の免疫刺激が、脳のミクログリアにエピジェネティックな変化をもたらし、これら2種類の免疫記憶を誘導すること、アルツハイマーや脳卒中後の病変に対し、トレーニングおよび寛容はそれぞれ、増悪、軽減という正反対の影響をもたらすことがわかった。

参考文献

Wendeln AC, et al. Nature 2018;556:332-338

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.86

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.86(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください