健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

向精神薬THCによる認知機能改善効果  

 向精神薬で認知能改善、要点はそういうことなのだが、この研究は「微妙」だ。Δ9 -テトラヒドロカンナビノール(THC)は人間の脳に多幸感をもたらす大麻の主成摂取し続けると、中高齢での認知機能が落ちない。マウスでの実験結果だ。シナプス関連遺伝子の発現もよく維持され、脳の海馬の神経突起の密度も高くなる。中年の12か月齢のマウスにこのTHCを飲ませておくと、脳はあたかも2か月齢のマウスのようだという。だが、これは大麻の使用を推奨するものではない。おそらく内在性のカンナビノイド受容体(CB1)を刺激してやるのがいい、そういう示唆なのだろう。ドイツのボンの大学からの報告である。

参考文献

Bilkei-Gorzo A,et al. Nat Med 2017;23:782-787

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.85

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.85(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください