健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

日本人のたんぱく質摂取はサルコペニアやフレイル予防の観点から不十分!?

 国立健康栄養研究所のグループが、2012年の国民健康栄養調査のデータを二次分析して、30歳以上成人の1日総たんぱく質およびロイシンの摂取量、およびそれらの3食への配分率などを推計し、サルコペニアやフレイルの予防という観点からは、いずれも不十分な現状にあると結論づけた。国民の栄養摂取基準の見直しにつながる重要な栄養疫学研究である。

参考文献

Ishikawa-Takata K,Takimoto H. Geriatr Gerontol Int 2018Jan 22. doi:10. 1111/ggi. 13239.[ Epubahead of print]

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.85

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.85(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください