健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

視床下部の神経幹細胞が全身の老化を制御する

 近年、哺乳類の海馬などの限られた領域では成体においても神経幹細胞が存在し、神経新生することが明らかになっている。今回の報告では、視床下部にも神経幹細胞が存在し、全身の老化に影響を及ぼしていることが示された。マウスモデルにおいて、この神経幹細胞を欠損したマウスでは全身の老化は加速し、逆に炎症を抑制した健康な幹細胞を視床下部に移植すると、老化が抑制された。さらにこの効果は、幹細胞から分泌されるエクソソームに含まれるmiRNAによりもたらされる可能性も示唆された。

参考文献

Zhang Y, et al. Nature 2017;548:52-57

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.84

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.84(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください