健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

老化脳での認知能低下:酸化ストレスに抗する新メカニズム

 老化脳での認知能低下、それは主として海馬ニューロンの可塑性低下による。その主因は従来、いわゆる酸化ストレス説が有力とされてきた。今回、中国、北京のZhangらは一酸化窒素(NO)を介した新たな機構にS-ニトロソグルタチオン還元酵素(GSNOR)の関与を指摘している。ヒトでもマウスでもGSNORの発現は老化脳で高い。それが海馬で機能するCaMKIIαのS-ニトロシル化を抑制、海馬ニューロンの機能低下を引き起こす。従来の酸化ストレスという非特異的なターゲットではなく、CaMKIIα上の特定のシステインの化学修飾で機能変化を説明する。老化脳制御がピンポイントでできる可能性をはらんでいる。

参考文献

Zhang Y, et al. J Neurosci 2017;37:9741-9758

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.84

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.84(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください