健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

遺伝子導入で時間を巻き戻す:視覚障害の回復へ向けて

公開日:2021年4月 7日 09時00分
更新日:2021年4月 6日 17時53分

 万能細胞ともいわれるiPS細胞、その応用の可能性は果てしない。山中メソッドでは皮膚の細胞に4種の遺伝子を導入して万能性の幹細胞へ変えた。いわば発生の時間を巻き戻したのだが、シャーレ上の培養細胞ではなく、組織内への導入で同じことが起これば、組織の若返り、若齢化が可能となるかもしれない。そんなチャレンジが眼組織で試みられた。山中の4因子のうち、癌化リスクのあるc-Myc以外の3因子をウイルスでマウスの眼球内へ導入。すると、視神経切断後の軸索伸展が助長され、視力も回復した。組織の老化にはDNAのメチル化促進が関係するが、山中の3因子の導入で網膜組織のメチル化も減少。老齢型から若齢型に変化した。生体内でもエピジェネティックなリプログラミングが人為的に可能となる、そんな期待を膨らませる。ハーバード大学のデービッド・シンクレアのラボからの結果だ。

参考文献

Lu Y, et al., Nature. 2020; 588:124-129

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.97(PDF)(新しいウィンドウが開きます)

シンポジウム「長生きを喜べる長寿社会の実現~生きがいのある高齢者を増やす~」開催のご案内

図:長生きを喜べる長寿社会の実現シンポジウムの案内バナー.6月28日13時からオンラインにて開催します。

 「令和4年度 長寿科学研究者支援事業 長生きを喜べる長寿社会実現研究支援」の助成事業の主課題(本シンポジウムと同テーマ)を実現するために、どのような取り組みが求められるのか?医療、経済、社会、テクノロジー、政策など様々な分野の専門家から講演の後、ディスカッションを行います。

 シンポジウム(ライブ配信)に参加をご希望の方は以下のページからお申込みください。後日ライブ配信にご参加いただくためのURLをメールにてお送りいたします。

長生きを喜べる長寿社会実現~生きがいのある高齢者を増やす~ シンポジウム開催のご案内(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください