健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

認知症患者は潜在的不適切処方のリスクが高い

公開日:2021年1月29日 09時00分
更新日:2021年1月29日 09時00分

 併存疾患を抱えている認知症患者の治療は複雑であり、潜在的不適切処方(PIP)を招きやすい。イギリスの高齢認知症患者(11,175人)の73%でPIPが把握され、非認知症患者よりPIPリスクが高かった。併存疾患数が多くなるにつれてPIP発生は多く、PIPリスクの高い併存疾患は、冠血管疾患、重度の精神疾患、うつ病であった。PIPは総死亡、皮膚潰瘍、転倒、貧血、骨粗鬆症などの有害事象発生と関連していた。

参考文献

Delgado J, et al., Age Ageing. 2020;afaa147(in press)

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌Aging&HealthNo.96

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.96(新しいウィンドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください