健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

自己申告による聴覚障害の存在は認知症発症の予測因子となる

公開日:2021年7月 9日 09時00分
更新日:2021年7月14日 14時25分

 認知症発症に及ぼす聴覚障害と視覚障害の影響と交互作用について、確固たる証拠はなかった。ドイツの2つの追跡研究を統合し、75歳以上の住民(3,497人、平均年齢79.8歳、女性67.2%、平均追跡期間7.1年、認知症発生率37.4/1000人年)を分析した結果、聴覚障害は独立した認知症発症リスクで(ハザード比:1.16、p=0.014)、視覚障害との有意な交互作用は認められなかった。75歳以上の高齢者を対象に、聴覚障害などの修飾可能な危険因子を早期に治療することは認知症の疾病負荷軽減に貢献するだろう。

参考文献

Pabst A, et al., J Am Geriatr Soc. 2021; 69: 1519-1528

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.98(PDF)(新しいウィンドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください